メインメニューを開く

秋元 雄史(あきもと ゆうじ、1955年7月24日[1] - )は、東京藝術大学大学美術館館長・教授/金沢21世紀美術館特任館長/国立台南芸術大学栄誉教授/練馬区立美術館館長/美術評論家

経歴編集

1955年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業。

1991年から2004年6月まで、ベネッセコーポレーション(旧・福武書店)に勤務。美術館の運営責任者として国吉康雄美術館、ベネッセアートサイト直島の企画・運営に携わる。ベネッセアートサイト直島では、1997年から2002年まで直島・家プロジェクト(第一期7件)を担当。宮島達男ジェームズ・タレル安藤忠雄内藤礼杉本博司大竹伸朗須田悦弘千住博の作品を本村集落に設置。2002年頃からはモネ《睡蓮》の購入をきっかけに「地中美術館」を構想し、ディレクションに携わる。ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレル、安藤忠雄とクロード・モネの組み合わせによるサイト・スペシフィックな建築とアートの一体となったスペースを2004年に完成。

主な展覧会は、「柳幸典」展、「山田正亮」展、「キッズアートランド」展など、ベネッセハウス・直島コンテンポラリーアートミュージアムを会場にしたものや、「Out of bounds; open air‘94: 海景の中の美術」展(南條史生氏との共同企画)、「直島スタンダード」展、「直島スタンダード2」展など、自然の中、街中、路上、民家など直島全体をつかった屋外型美術展を開催。 1992年から2004年までベネッセアートサイト直島、チーフキュレーター。2004年から2006年12月まで地中美術館館長/公益財団法人直島福武美術館財団常務理事、ベネッセアートサイト直島・アーティスティックディレクター。

2007年4月から2017年3月まで金沢21世紀美術館館長(2015年〜2017年 東京芸術大学大学美術館館長と兼務)。金沢21世紀美術館では、「金沢アートプラットホーム2008」で金沢の街を舞台にプロジェクト型展覧会の開催。2010年にはフランスのルーブル美術館、2014年にはポンピドゥー・センターとの初の共同企画展を開催。アジアの現代美術、建築、工芸、デザイン、書や新人作家の紹介など、幅広く現代美術を扱った。また屋外の作品では、オラファー・エリアソンの「カラー・アクティビィティ・ハウス」(2010年)、開館10周年(2014年)を記念した建築家グループのSANAA妹島和世西沢立衛)の「まる」(2016年)を設置。

自身の企画では、2012年「工芸未来派」展(金沢21世紀美術館)、2013年「柿沼康二 書の道 “ぱーっ”」展(金沢21世紀美術館)、2014年「橋本雅也 間(あわい)なるもの」展(金沢21世紀美術館デザインギャラリー)、2015年文化庁海外展「日本の工芸未来派Japanese kougei; Future Forward」展(アート&デザイン・ミュージアム、ニューヨーク、アメリカ(Museum of Arts and Design)、2016年「生誕百年記念井上有一」展(金沢21世紀美術館)を開催。

それ以外の企画では、2009年「金沢・世界工芸トリエンナーレ・プレ 自由な工芸」展(主催:金沢・世界工芸トリエンナーレ開催委員会、共催:金沢市、金沢市工芸協会、会場:金沢21世紀美術館市民ギャラリーA)、2010年「第1回 金沢・世界工芸トリエンナーレ 工芸的ネットワーキング」(第一会場:リファーレ、第二会場:金沢21世紀美術館ギャラリーA)、2013年「第2回 金沢・世界工芸トリエンナーレ 工芸におけるリージョナルなもの」(会場:金沢21世紀美術館市民ギャラリーA)のディレクターを務めて、新しい時代の工芸を世界に向けて発信。

国際交流展では、 2013年「The Co-Curator of Taiwan Japan-Contemporary Craft and Design/Craft in Flux 2nd International Triennale of Kougei in Kanazawa Exchange Exhibition in Taiwan」(国立台湾工芸研究所 台湾)を共同企画。International Committee of the 2013 Gyeonggi International Ceramic Biennale(利川セラピア・利川世界陶磁センター他 京畿道 韓国)では作家推薦、審査を務めた。

2015年より東京藝術大学大学美術館館長、教授(2017年まで金沢21世紀美術館館長と兼務)。

2017年2月15日~20日「新しい工芸 KOGEI Future Forward」展(会場:日本橋三越本店本館1階中央ホール)、2017年8月23日-9月27日「Japanese Kogei Future Forward 工芸未来派–Bridge Art and Craft 工芸ブリッジ」(主催:GYRE 会場:EYE OF GYRE)、2018年7月14日〜9月15日、9月29日〜12月17日まで、「ジャポニズム2018 『井上有一 1916−1985 –書の解放-』展(会場:パリ日本文化会館トゥールーズ=ロートレック美術館(アルビ))。2018年12月7日(金) ~ 2018年12月16日(日)「秋元雄史監修 もう一つの工芸未来派」(会場:和光ホール)

他の主な委員・役職編集

  • 2013年4月〜2017年3月 秋田公立美術大学客員教授
  • 2007年4月〜2017年3月 金沢美術工芸大学理事/経営審議委員
  • 2016年9月〜2018年3月 女子美術大学芸術学部特別招聘教授
  • 2016年〜 厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業の評価検討会構成員
  • 2016年〜 江副記念財団選考委員
  • 2017年〜 国立台南芸術大学栄誉教授
  • 2017年〜 文化庁文化審議会第15期文化政策部会委員
  • 2017年〜 川村記念文化財団評議員
  • 2017年〜 ユニバーサルデザインいしかわ理事
  • 2017年〜 寺田倉庫アドバイザリーコミッティ
  • 2018年〜 一般財団法人東京国立博物館協力会理事
  • 2018年〜 文化庁国際交流・協力推進委員会有識者委員
  • 2018年〜 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会文化・教育委員会
  • 2018年〜 一般財団法人日本財団「DIVERSITY IN THE ARTS」審査委員長
  • 2018年〜 富山ガラス大賞展2018審査員
  • 2018年~ アジアン・カルチュラル・カウンシル日本財団理事

著書編集

  • 「美術と展示の現場 (神戸芸術工科大学レクチャーシリーズII 1)」 共著 秋元雄史、中原佑介笠原美智子増田玲 新宿書房(2008年)
  • 「揺らぎの中の日本文化 原像・怪異・日本美術」 共著 新納泉、山口和子、鐸木道剛、平川南、松木武彦、坂部恵、松岡心平、秋元雄史、宮崎法子 岡山大学出版会(2009年)
  • 「日本列島『現代アート』を旅する」 小学館新書(2015年6月1日) ISBN:978-4-09-825243-5
  • 「工芸未来派 アート化する新しい工芸 」六耀社(2016年1月23日) ISBN:978-4-89737-814-5
  • 「おどろきの金沢」 講談社プラスα新書(2017年6月)
  • 「直島誕生?過疎化する島で目撃した『現代アートの挑戦』全記録」 ディスカバリー・トゥエンティワン(2018年10月7日)
  • 「武器になる知的教養 西洋美術鑑賞」 大和書房(2018年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.471

関連項目編集

外部リンク編集