メインメニューを開く

秋吉 仁美(あきよし ひとみ、1958年1月5日 - )は、日本裁判官裁判所職員総合研修所所長、さいたま家庭裁判所所長等を経て、東京高等裁判所部総括判事。

人物・経歴編集

東京都出身。12歳から埼玉県所沢市に移り、上智大学卒業後、1983年裁判官任官、東京地方裁判所判事補札幌地方裁判所判事補、熊本地方裁判所判事、東京地方裁判所判事、司法研修所教官、東京地方裁判所部総括判事、横浜地方裁判所部総括判事、東京家庭裁判所部総括判事等を経て、2014年裁判所職員総合研修所所長。2016年さいたま家庭裁判所所長。2018年東京高等裁判所部総括判事[1][2][3]

裁判編集

編著書編集

脚注編集


先代:
小久保孝雄
裁判所職員総合研修所長
2014年 - 2016年
次代:
白井幸夫
先代:
古田浩
さいたま家庭裁判所長
2016年 - 2018年
次代:
孝橋宏