メインメニューを開く

小久保 孝雄(こくぼ たかお、1952年9月1日 - )は、日本裁判官検察官高松高等裁判所長官を最後に定年退官後、母校広島大学大学院法務研究科顧問教授や、京都大学大学院法学研究科教授を務めた。

人物・経歴編集

大阪府出身。1979年広島大学大学院法学研究科法律学専攻修士課程修了。法務省大阪法務局訟務部検事等を経て、1988年司法研修所民事裁判教官。2002年大阪地方裁判所部総括判事。2012年裁判所職員総合研修所長。2014年京都地方裁判所長。2016年高松高等裁判所長官。2017年広島大学大学院法務研究科顧問教授。2018年京都大学大学院法学研究科教授[1][2]

脚注編集

  1. ^ 小久保 孝雄京都大学
  2. ^ 「高松高裁長官、小久保氏を起用 」日本経済新聞2016/4/19 11:26


先代:
小泉博嗣
裁判所職員総合研修所長
2012年 - 2014年
次代:
秋吉仁美
先代:
並木正男
京都地方裁判所長
2014年 - 2016年
次代:
石井寛明
先代:
福田剛久
高松高等裁判所長官
2016年 - 2017年
次代:
田村幸一