秋山 昌秀(あきやま まさひで)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・旗本。通称は平左衛門[1][2]。甲斐武田家に仕えていたが、同家滅亡後に徳川家に仕えた。徳川家康の側室で武田信吉を生んだ下山殿(秋山夫人)は妹[3][2]

 
秋山昌秀
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文23年(1554年
死没 元和9年1月20日1623年2月19日
別名 平左衛門(通称)
戒名 日源[1][2]、覚心院[2]
墓所 千葉県松戸市本土寺
幕府 江戸幕府 御鉄炮奉行
主君 徳川家康
氏族 秋山氏
父母 父:秋山虎康
兄弟 昌秀下山殿
昌吉正重、女子(折井政次室)、昌成、太郎兵衛
テンプレートを表示

生涯編集

天文23年(1554年)[注釈 1]、武田家家臣・秋山虎康(越前守)の子として生まれる。虎康は、秋山虎繁(信友)の弟・信藤(『寛政重修諸家譜』では「光家」)の子にあたる[1][2]。『寛政譜』によれば、昌秀は武田信玄・勝頼に仕えたが、武田家の滅亡後に徳川家康に仕えた[1]。妹の下山殿(於都摩、秋山夫人)は徳川家康の側室となり、武田信吉を生んだ[3]

天正18年(1590年)、徳川家康が関東に入国すると、武田信吉は下総国小金領3万石を与えられた[注釈 2]。信吉の生母である下山殿は天正19年(1591年)に小金で没した。またこの縁で秋山虎康ら一族が小金領に移住した。虎康は慶長元年(1596年)に松戸の本源寺を創建し、慶長7年(1602年)に没した[注釈 2])。なお、武田信吉も慶長8年(1603年)に没した。

『寛政譜』によれば、昌秀は下総国内に1000石の知行地を与えられ、寄合に列した[1]。大坂の陣に従軍し、鉄炮奉行を務めた[1]

元和9年(1623年)1月20日に没する[1]。70歳[1]

系譜編集

特記事項のない限り、『寛政重修諸家譜』による[3]。子の続柄の後に記した ( ) 内の数字は、『寛政譜』の記載順。

  • 父:秋山虎康
  • 母:不詳
  • 正室:
    • 男子(2):秋山正重 - 十右衛門。家督を継ぐ。のちに大目付を務める。
  • 生母不明の子女
    • 男子(1):秋山昌吉 - 弥左衛門。庶子のため家を継がず、別家して旗本となる[6]
    • 女子(3):折井政次
    • 男子(4):秋山昌成 - 三左衛門・甚五兵衛。のち榊原重政(伊豆守)の養子となる[6]
    • 男子(5):秋山太郎兵衛 - 徳川忠長に仕え、忠長の改易により浪人[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 没年・享年[1]からの逆算。
  2. ^ a b 境内石碑の説明[4][5][信頼性要検証]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『寛政重修諸家譜』巻第二百六、国民図書版『寛政重修諸家譜 第二輯』p.30
  2. ^ a b c d e 「秋山系図」『続群書類従 5下』p.451
  3. ^ a b c 『寛政重修諸家譜』巻第二百六、国民図書版『寛政重修諸家譜 第二輯』pp.30-31
  4. ^ 了修山本源寺 松戸市大橋にある日蓮宗寺院”. 猫の足あと. 2021年12月7日閲覧。
  5. ^ 松戸市 / 松戸大橋樹木葬墓地”. 株式会社アイエム. 2021年12月7日閲覧。
  6. ^ a b c 『寛政重修諸家譜』巻第二百六、国民図書版『寛政重修諸家譜 第二輯』p.31

参考文献編集

  • 『寛政重修諸家譜』巻第二百六
    • 『寛政重修諸家譜 第二輯』(国民図書、1923年) NDLJP:1082719/25