秋岡 武次郎(あきおか たけじろう、1895年3月15日 - 1975年2月6日)は、日本地理学者、古地図収集家。専門は地図学法政大学名誉教授

略歴編集

兵庫県有馬郡三田町に生まれる。大阪市で成長し、大阪府立今宮中学校(現・府立今宮高校)を卒業する。1918年(大正7年)、24歳の時第八高等学校を経て、1921年東京帝国大学理科大学(後の理学部地質学科に入学し、翌年、新設の地理学科に転科し、山崎直方らの指導を受けた。1921年(大正10年)、第1回の唯一人の卒業生となった。陸軍士官学校教授に就任する。地学(地理学)を担当する。 1926年(大正15年)、32歳の時、日本大学の地理・歴史科の創設に関わり、その講師として主に自然地理学を担当する。他に東京文理科大学東京高等師範学校東京帝国大学理学部・國學院大學などの講師も兼任した。日本地理学会の評議員として発展に寄与する。1926年、東京で開催された第3回太平洋学術会議に日本代表会員として出席する。[1]1925年日本地理学会発起人として創立に尽力し、1937年、法政大学高等師範部歴史地理学科の開設とともに教授を兼務する。

戦後、公職追放により大学を追われるが、研究を続ける。

1951年に『初期作並に伊能忠敬シーボルト作の日本図の地理学的研究』で理学博士東京大学)を取得する[2]

1952年、法政大学教授に復職し、1965年に退職する。

1975年2月6日に死去、79歳。

人物編集

古地図の収集家としても知られており、そのコレクションは神戸市立博物館国立歴史民俗博物館に寄贈されている。

著書編集

編集編集

出典・脚注編集

  1. ^ 岡田俊裕著 『 日本地理学人物事典 [ 近代編 2 ] 』 原書房 2013年 28ページ
  2. ^ 初期作並に伊能忠敬、シーボルト作の日本図の地理学的研究 秋岡武次郎”. 国立国会図書館. 2013年6月11日閲覧。

参考文献編集

  • 『日本史研究者辞典』吉川弘文館、1999年。
  • 『日本地理学人物事典 近代編2』原書房、2013年。

外部リンク編集