秋月 種茂(あきづき たねしげ)は、江戸時代中期から後期にかけての大名日向国高鍋藩7代藩主。剃髪後の号は鶴山。名君と呼ばれた米沢藩上杉鷹山の兄に当たるが、種茂もまた高鍋藩の全盛期を築いた名君とされている。

 
秋月種茂
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛保3年11月30日1744年1月14日
死没 文政2年11月6日1819年12月22日
改名 黒帽子(幼名)、種穎、鶴山(法号)
別名 兵部、右京亮(通称)
戒名 清観院殿前佐州大守真乗宗円大居士
墓所 東京都港区南麻布の光林寺
官位 従五位下山城守佐渡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治家斉
日向高鍋藩
氏族 秋月氏
父母 秋月種美黒田長貞次女春姫
兄弟 キセ、縫殿、種茂、フミ、イク、トミ、
ナカ、上杉治憲相良晃長、セイ、
大久保忠快、亀三郎、政次郎、エツ、
トマ、種懐、トヨ、中条信義、フチ、
斉藤利国
松平明矩娘盈子
種徳、ケイ、黒田長舒、チセ、岩次郎、
常三郎、種備、松五郎
テンプレートを表示

生涯編集

寛保3年(1744年)、6代藩主・秋月種美の長男として誕生した。宝暦6年(1756年)11月15日、9代将軍徳川家重御目見する。宝暦7年12月18日(西暦で1758年)、従五位下・山城守に叙任する。宝暦10年(1760年)7月8日、種美の隠居により家督を継ぐ。宝暦11年(1761年)4月18日、初めてお国入りする許可を得る。

藩主になると藩政改革に臨んだ。改革に必要なものは人材登用であると考え、安永7年(1778年)に藩校明倫堂を創設し「教育の高鍋藩」の基礎を築いた。このとき、種茂は藩校に通える者を武士だけに限らず、民百姓に対しても開いた。この明倫堂からは、明治時代に活躍する多くの人材(三好退蔵秋月左都夫石井十次)が出ている。また、大坂から優秀な産婆を呼び寄せ、安全な出産方法を藩内に普及させるとともに、日本で初めて子供手当を支給する[1]など、現代でいう児童福祉にも心を配り、財政再建政策も行った。

名君として名をはせた弟の上杉鷹山は、「兄は僻遠の藩主ゆえ名を知られていないが、もし兄が(私に替わって)米沢の藩主になっていたなら、米沢は今よりもずっと繁栄していただろう」と種茂を称賛している。天明8年(1788年)11月6日、家督を長男の種徳に譲って隠居したが、なおも藩政の実権は握り続けた。

文政2年(1819年)11月6日、死去。享年77。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 後に上杉鷹山もこれと同じ制度を米沢藩に導入している。