メインメニューを開く

秋永 一枝(あきなが かずえ、1928年昭和3年〉6月23日[1] -2017年平成28年〉9月29日[2])は、日本日本語学者早稲田大学名誉教授。日本語アクセント論を専門とする。本名鳥越一枝

人物編集

東京両国生まれ。桜蔭高等女学校から早稲田大学第一文学部卒。三省堂勤務時代に、辞書編纂の資料として、東京語アクセントの資料を作成。専門用語は東京で生育した話者より採集した。この調査を元にして、『明解日本語アクセント辞典』(金田一春彦監修)を編修した。 東京方言インフォーマントの資格については「明治から昭和の敗戦までの間に、東京旧市内で言語形成期を終えた、両親または保育者も江戸墨引内か東京旧市内で生育した人」と規定している。

1974年(昭和49年)より早稲田大学教授を務める。1991年(平成3年)度第10回新村出賞受賞、1999年の定年後は名誉教授となった。夫に国文学者の鳥越文蔵がいる。2017年、89歳で没した。

著書編集

単著編集

共編著編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 秋永一枝さん死去:毎日新聞

外部リンク編集