秋田県道305号千畑大曲線

日本の秋田県の道路

秋田県道305号千畑大曲線(あきたけんどう305ごう せんはたおおまがりせん)は、秋田県仙北郡美郷町から大仙市に至る一般県道である[1]

一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
秋田県道305号標識
秋田県道305号 千畑大曲線
せんはた・おおまがりせん
総延長 14.5 km
実延長 13.1 km
制定年 1983年
開通年 未調査
起点 仙北郡美郷町黒沢字西野
秋田県道50号大曲田沢湖線交点
終点 大仙市高梨字沼田
国道13号交点・秋田県道50号大曲田沢湖線起点
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道50号標識
秋田県道50号大曲田沢湖線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道11号標識
秋田県道11号角館六郷線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

仙北郡美郷町黒沢で秋田県道50号大曲田沢湖線から西に分岐し、県道50号の北側2キロメートルを並行し、大仙市高梨字金堀(大仙市・仙北総合支所付近)で再び合流して国道13号大曲バイパスの側道の交点に至る。

2013年10月までは、県道50号の重複区間として大曲市街地を通って大曲駅前を通過後、国道105号交点(佐野町交差点)に至っていた。

路線データ編集

歴史編集

  • 1983年(昭和58年)1月11日 - 秋田県道に認定される[3]
  • 2002年(平成14年)5月7日 - 大曲市丸子町240番1地先から大曲市佐野町231番地先までとして認定され(県道50号重複)、当県道の終点が浜町から変更になる[4]。現道だった大曲市浜町61番7までの区間は8月2日に県道の認定を解除される[5]
  • 2013年(平成25年)11月1日 - 大仙市高梨字沼田11番11(国道13号交点)から佐野町231番地先(従来の終点)までの認定を解除し、仙北郡美郷町黒沢字西野144番1から大仙市高梨字沼田11番11までの13.6 kmを現道とする[6]

路線状況編集

重複区間編集

冬期閉鎖区間編集

交通不能区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

施設名 接続路線名 備考 所在地
秋田県道50号大曲田沢湖線 起点 仙北郡美郷町黒沢字西野
秋田県道11号角館六郷線 大仙市太田町三本扇地図
-
-
仙北広域農道 重複区間 大仙市板見内地図
大仙市板見内地図
秋田県道50号大曲田沢湖線 大仙市高梨字金堀地図
以下、県道50号重複区間
国道13号 大曲バイパス
(=重複秋田県道12号花巻大曲線
終点
県道50号起点
大仙市高梨字沼田

沿線の施設など編集

秋田県道50号大曲田沢湖線・重複区間
  • 大仙市・仙北総合支所

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 建設部道路課(路線名) 2015
  2. ^ a b c d 建設部道路課(道路現況) 2015, p. 12
  3. ^ a b c 建設部道路課(起点終点) 2015, p. 16
  4. ^ 秋田県公報第1365号 (PDF)”. 告示第324号. 秋田県. p. 3 (2002年5月7日). 2013年5月22日閲覧。
  5. ^ 秋田県公報第1390号 (PDF)”. 告示第533号. 秋田県. p. 9 (2002年8月2日). 2013年5月22日閲覧。
  6. ^ 公報第2536号”. 告示第496・497号 (2013年11月1日). 2013年11月1日閲覧。
  7. ^ 冬期閉鎖路線一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年10月30日閲覧。
  8. ^ 通行不能区間一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年10月30日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集