メインメニューを開く

科学技術会議(かがくぎじゅつかいぎ)とは日本2001年まで存在した科学技術政策に関する内閣の諮問機関であり総合科学技術会議の前身でもある。

目次

概要編集

  • 科学技術会議設置法に基づく形で1959年2月に設置され大学における研究を含め人文科学を除いた全ての科学技術に関する政策の樹立や長期的な研究目標の設定およびその推進策の決定などについてを扱い内閣総理大臣にはその答申を尊重する義務が存在する。2000年までに26の答申を行ったが、2001年内閣府設置法施行に伴い廃止され総合科学技術会議へと移行した。

構成編集

関連項目編集

参考資料編集