メインメニューを開く

科斗文(かとぶん)は、中国古代の文字であると主張されるもの。「蝌蚪文」とも。

「科斗」はオタマジャクシで、主張者によれば、が発明される前、で文字を書いたが、漆は粘着力が強いから、等幅の線は書きにくく、文字の線は線頭が大きく、線尾が小さくなって、文字がオタマジャクシに似るからその名がついたという。その後、宣王のとき、太史である籕がこれを変えて大篆をつくったとつたえられる。

この名の文献初出はおそらく偽古文尚書礼安国序(晋人の偽作か)、また盗が古墳をあばいて古竹簡書(汲冢書)を得たという晋書その他であろう。

科斗文は伝説で、晋代になって生じたのであろうという。