秦 永原(はた の ながはら、弘仁10年(819年) - 寛平4年12月18日893年1月9日))は、平安時代前期の貴族。名は永厚とも記される[1]氏姓秦宿禰のち惟宗朝臣日向守・秦氏継の子。官位従五位下下野権介

経歴編集

文徳朝斉衡3年(856年)正月に従五位下越後介に叙任されるが、9月に山城介に遷る。清和朝貞観5年(863年丹波介に任ぜられるなど、畿内の国司を務めた。

陽成朝に入り、元慶元年(877年)内位の従五位下に叙せられ、のち下野権介を務める。元慶7年(883年)永原以下一族の明法博士秦直宗音博士・秦永宗ら一族合わせて19名が秦宿禰から惟宗朝臣改姓した。なお、改姓に当たって永原らは以下の上奏を行っている。

(我が一族は)始皇帝の12世の子孫である功満王の子・融通王の苗裔である。功満王は占星の意を受けて、日本の朝廷に従おうとして遠く日本へ向けて出発した。途中の新羅で妨害に遭うが、日本の官軍の応援を受けて、127県の人民を率いて応神天皇14年に日本へ渡来し帰化した。

寛平4年(892年)12月18日卒去享年73。

官歴編集

注記のないものは『六国史』による。

系譜編集

『惟宗系図』(東大史料編纂所蔵)による。

  • 父:秦氏継
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:秦具範
    • 男子:秦永範

脚注編集

  1. ^ a b 『惟宗系図』東大史料編纂所蔵

参考文献編集