弓月君

『日本書紀』に記述された、秦氏の先祖とされる渡来人。胡苑-陽父-孝武王(辰韓)-古礼己知-諸歯巨知-那提巨旦-弓歯君-恭己叱君-法成君-竺達君-鎮成君-孝徳君-尊義君-武安君-功満君(功満

弓月君(ゆづきのきみ/ユツキ/ユンヅ、生没年不詳)は、『日本書紀』に記述された、古代に朝鮮半島から渡来した氏族。『日本書紀』応神天皇条に、弓月君(ゆづきのきみ)が多数の民を率いて渡来したのに始まるとするが、「はた」は古代朝鮮語で海の意であり、実際は5世紀中頃に新羅から渡来した氏族集団と考えられる[1]。山城国葛野郡(かどのぐん)太秦(うずまさ)あたりを本拠とし、近畿一帯に強い地盤を築いた[2][3][4][5]

概説編集

日本書紀』による帰化の経緯としては、応神天皇14年に弓月君が百済から来朝して窮状を天皇に上奏した。弓月君は百二十県の民を率いての帰化を希望していたが新羅の妨害によって叶わず、葛城襲津彦の助けで弓月君の民は加羅が引き受けるという状況下にあった。しかし三年が経過しても葛城襲津彦は、弓月君の民を連れて帰還することはなかった。そこで、応神天皇16年8月、新羅による妨害の危険を除いて弓月君の民の渡来を実現させるため、平群木菟宿禰的戸田宿禰が率いる精鋭が加羅に派遣され、新羅国境に展開した。新羅への牽制は功を奏し、無事に弓月君の民が渡来した[2]

新撰姓氏録』によれば、「秦氏は、秦の始皇帝の末裔」という意味の記載があるが、これは秦氏自らが、権威を高めるために、王朝の名を借りたというのが定説になっている[6]。『日本書紀』によると弓月君は百済の120県の人民を率いて帰化したとある。孝武王の子の功満王は仲哀天皇8年に来朝、さらにその子の融通王が別名・弓月君であり、応神天皇14年に来朝したとされる。渡来後の弓月君の民は、養蚕や織絹に従事し、その絹織物は柔らかく「肌」のように暖かいことから波多の姓を賜ることとなったのだという命名説話が記されている。(山城國諸蕃・漢・秦忌寸の項によれば、仁徳天皇の御代に波多姓を賜ったとする。)その後の子孫は氏姓に登呂志公秦酒公を賜り、雄略天皇の御代に禹都萬佐(うつまさ:太秦)を賜ったと記されている。

日本三代実録元慶七年十二月(西暦884年1月)、秦宿禰永原、秦公直宗、秦忌寸永宗、秦忌寸越雄、秦公直本らは惟宗朝臣の氏姓を賜ることとなった。

考証編集

弓月君の子孫は葛野秦氏などを中心に各地の秦氏の流れへと繋がる。天皇家に協力して朝廷の設立や山城国等の開発などに大きく貢献したとされている。

雄略天皇の御代では秦酒公が離散の流れのある中で一族を再結集させ、確固たる勢力を築いたとされる。

「弓月」の朝鮮語の音訓が、百済の和訓である「くだら」と同音・同義であることから、「弓月君」=「百済君」と解釈できる。また『日本書紀』における弓月君が百済の120県の人民を率いて帰化したとの所伝もこの説を補強する。また、ハタ(古くはハダ)という読みについては朝鮮語のパダ(海)によるとする説のほか、機織や、新羅の波旦という地名と結び付ける説[7]佐伯有清によると始皇帝の苗字は氏ではなく、新羅系渡来氏族が渡来したが『新撰姓氏録』が書かれた815年、古書には辰韓が中国王朝から秦韓と呼ばれていたことから弓月君は秦の始皇帝の末裔と思われ出自が間違っている。(笠井倭人佐伯有清[8][9]

『宋書』倭国伝では、通称「倭の五王」の一人の珍が元嘉15年(438年)「使持節都督百済新羅任那秦韓慕韓六国諸軍事安東大将軍倭国王」を自称しており、明確に秦韓を一国として他と区別している。その後の倭王の斉、興、武の記事にも引き続き秦韓が現れる。(弓月君の帰化の伝承は、この秦韓の歴史に関係するとも考えられてる意見もある。)

脚注編集

  1. ^ 古代史のなかの朝鮮文化―東アジア世界と日本―著者: 井上, 満郎 · Inoue, Mitsuo ; 発行日: 2018年11月
  2. ^ a b 熊田(1935,469)
  3. ^ https://www2.city.kyoto.lg.jp/somu/rekishi/fm/nenpyou/htmlsheet/toshi01.html
  4. ^ http://www.kibinosato-hada.com/kibinosato-hada2.com/course2.html
  5. ^ https://kotobank.jp/word/%E5%BC%93%E6%9C%88%E5%90%9B-145197
  6. ^ http://www.kyotokanko.co.jp/hata/hatashi7.html
  7. ^ 秦氏都市史”. 京都市歴史資料館情報提供システム. 2021年9月1日閲覧。
  8. ^ 笠井倭人「朝鮮語より見た秦・漢両氏の始祖名」『考古学論考』『古代の日朝関係と日本書紀』所収
  9. ^ [佐伯:1994 369]

参考文献編集

関連項目編集