メインメニューを開く

稚内市立ノシャップ寒流水族館(わっかないしりつノシャップかんりゅうすいぞくかん)は、北海道稚内市にある水族館稚内市青少年科学館が隣接しており、どちらも水族館・科学館施設としては日本最北端に所在する。

稚内市立ノシャップ寒流水族館
Wakkanai municipal youth science museum and NOSHAPPU Kan-ryu aquarium.JPG
施設情報
事業主体 稚内市
管理運営 稚内市教育委員会科学振興課
開館 1968年(昭和43年)7月21日
所在地 097-0026
北海道稚内市ノシャップ2-2-17
位置 北緯45度26分57.6秒
東経141度38分41.7秒
公式サイト 稚内市立ノシャップ寒流水族館
テンプレートを表示

目次

概要編集

北の水族館ならではの北方系・稚内市付近の魚類、水中生物、哺乳類を中心に約120種1300点を飼育、展示しているのが特徴。水量80トンの回遊水槽にはイトウソイカレイホッケオオカミウオなどが回遊している。飼育数日本最大級のゴマフアザラシフンボルトペンギンの他、ニシンウニタコクリオネデンキウナギドクターフィッシュ熱帯魚なども居る。

1978年から2001年まで日本で唯一のマユダチペンギンが飼育されていた[1]

2009年度の入館者数は34,051人[2]

開館日・開館時間・入館料編集

  • 夏期間 4月29日~10月31日 午前9時~午後5時 ※入館は午後4時40分まで
  • 冬期間 11月1日~11月30日、翌年2月1日~3月31日 午前10時~午後4時 ※入館は午後3時40分まで

冬期間は開館時間中であっても、午後3時を過ぎると暗くなる(日が暮れるのが早い)ことに注意。

  • 入館料:一般(高校生・大人)500円、小中学生100円。(20名以上の団体は一般400円、小中学生は80円)

休館日編集

4月1日から28日、12月1日から翌年1月31日

アクセス等編集

脚注編集

  1. ^ マユダチペンギンメモリー”. 稚内市立ノシャップ寒流水族館. 2018年2月27日閲覧。
  2. ^ 稚内市「平成21年度 稚内市ノシャップ寒流水族館入館者状況 (PDF)

関連項目編集

外部リンク編集