メインメニューを開く

稲垣 重定(いながき しげさだ、慶安元年(1648年)- 宝永4年11月10日1707年12月3日))は、近江山上藩の初代藩主。

大身旗本稲垣重大の長男。正室は牧野康成の娘。子に稲垣重房(長男)、娘(大久保忠庸正室)、娘(市橋直方正室)。官位は従五位下、備後守。安芸守。

生涯編集

明暦3年(1657年)6月7日、将軍徳川家綱にお目見えする。明暦4年6月25日、家督を継ぐ。寄合に所属する。延宝4年(1676年)3月4日、書院番頭となる。同年12月16日、従五位下備後守に叙任する。延宝7年(1679年)8月12日に大番頭となる。天和2年(1682年)5月21日、丹波国内で2000石を加増され、天和3年(1683年)5月21日に徳川徳松の側役となる。貞享2年(1685年)11月6日に若年寄となり、武蔵国内で5000石を加増され、合計1万3000石の大名となった。元禄2年(1689年)2月3日、解任される。元禄7年12月11日、赦免される。元禄11年3月7日、常陸国から移封されて近江山上藩主となる。同年12月、菊間広縁詰めとなる。藩政においては奉行制度を確立した。宝永4年(1707年)11月10日、60歳で死去し、跡を長男の重房が継いだ。法号は泰昌院的応政端大居士。墓所は群馬県伊勢崎市の天増寺。