メインメニューを開く

稲沢 秀夫(いなざわ ひでお、1928年8月1日[1] - )は、日本英文学者学習院大学名誉教授。

千葉県生まれ。1952年東京大学文学部英文科卒。青山学院女子短期大学助教授、学習院大学英文科教授。1999年、定年退任、名誉教授。

アメリカ文学専攻だが、後年谷崎潤一郎に関心を抱き、谷崎松子に話を聞いて『聞書谷崎潤一郎』を刊行するが、松子によって多くが削除されたため、残りの秘話を『秘本谷崎潤一郎』としてワープロ打ちの私家版として刊行した[2]

著書編集

  • スタインベック序説』思潮社 1964
  • 『スタインベック論』思潮社 1967
  • 『アメリカの女流小説家たち』青山学院女子短期大学学芸懇話会 1968
  • トルーマン・カポーティ研究』南雲堂 1970
  • 『アメリカ女流作家論 キャザーバックマッカラーズの世界』審美社 1978
  • 『スタインベックの世界 <怒りの葡萄>と<エデンの東>』思潮社 1978
  • 『谷崎潤一郎の世界』思潮社 1979
  • 『谷崎潤一郎の世界 西洋と日本のかかわり』思潮社 1981
  • 『聞書谷崎潤一郎』思潮社 1983
  • 『ふるさとの言葉』流山わがまち社 1989
  • 『下総、ことばの風土』崙書房出版 1991
  • 『秘本谷崎潤一郎』全5巻 烏有堂 1991-93 
  • 『ジョン・スタインベック文学の研究』学習院大学 1995
  • 『帰去来の記』私家版、1999
  • 『落葉集』私家版 1999
  • 『アメリカ女流作家論拾遺』私家版 2002

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『谷崎潤一郎の世界」