ロバート・ルイス・スティーヴンソン

ロバート・ルイス・スティーヴンソン(Robert Louis Stevenson、1850年11月13日 - 1894年12月3日)は、イギリススコットランドエディンバラ生まれの小説家詩人エッセイストである。代表作に冒険小説宝島』『ジキル博士とハイド氏』など。生時の名はロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソン(Robert Lewis Balfour Stevenson)。「スティーヴンスン」「スチーブンソン」とも表記される。

ロバート・ルイス・スティーヴンソン
Robert Louis Stevenson
Robert Louis Stevenson Knox Series.jpg
誕生 ロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソン
Robert Louis Balfour Stevenson
1850年11月13日
スコットランド・エディンバラ
死没 (1894-12-03) 1894年12月3日(44歳没)
サモアアピア・バイリマ
職業 小説家
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル 児童文学
冒険小説
代表作宝島1883年
ジキル博士とハイド氏1886年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

生涯編集

父トーマス、祖父ロバートは共に灯台建設を専門とする土木技術者だった[1]。母はマーガレット・バルフォア。スティーヴンソンは1867年にエディンバラ大学の土木工学科に入学し、父の跡を継ぐことを期待されたが、1871年には法科に転科。1873年に療養のためフランスに滞在。1875年に弁護士の資格を得た。生時の名前はロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソン(Robert Lewis Balfour Stevenson)だったが、18歳の時に名前の間に入っていたバルフォアを外し、次いでセカンドネームの「Lewis」を「Louis」に変更した。以後、名前を略す際にはRLSと名乗る。生まれつき病弱で、若い頃に罹った結核のため、各地を転地療養しながら作品を執筆した。

 
妻ファニー・オズボーン(1876年)

処女作1874年に雑誌に発表したエッセイ『南欧に転地を命ぜられて』(『若い人々のために』所収)。療養先で、レズリー・スティーヴンの紹介でジャーナリストのウィリアム・アーネスト・ヘンリーと知り合い、1877年からヘンリーの編集するロンドン誌に『新アラビア夜話』を連載。1877年パリで後に妻となるアメリカ人ファニー・オズボーンと出会う。ファニーは10歳年上で既婚で2人の子どもがいたが、1879年に夫が病気を患い、離婚。翌年5月サンフランシスコでスティーヴンソンと結婚する。この頃、1876年にフランスの運河をカヌーで旅行した時の経験による『内陸の旅人(内地の船旅)』(1878年)、及び『驢馬の旅(旅は驢馬をつれて)』(1879年)の2篇の紀行文を出版。ファニーと2人の子どもを連れてスコットランドに帰り、精力的に創作に取り組んだ。1881年にはエッセイ『若い人々のために』を出版する。

1882年エッセイ『わが親しめる人と書物』(吉田松陰の小伝をふくむ)を出版した。同年、南フランスイエールに家を買ったが、後に父の病気が悪化したのでボーンマスに移り住んだ(1884年 - 1887年)。1883年には一躍彼の名を高からしめた、最初の長編小説『宝島』を出版、ウィリアム・グラッドストンローズベリー卿の家で『宝島』を見せられて欲しくなり、翌日ロンドン中の本屋を探させたというほどの人気だった[2]1885年『プリンス・オットー』を出版、1886年『誘拐されて』及び、代表作『ジキル博士とハイド氏』を出版した。

1887年、5月に父が亡くなったのを機に、8月には妻子と共にアメリカへ移住し、あらたな転地先を物色する。スティーヴンソンはサンフランシスコに滞在していた時に、Charles Warren Stoddardという出版界の人物と出会い、彼の南海の話に興味を持っており、検討の末、以前スクリブナーズ出版社の依頼で取材した南太平洋の島々の気候が自身の健康のために良いと考え、1888年にマルキーズ諸島ヌク・ヒバ島パウモトゥ諸島ギルバート諸島を訪れた。1889年にハワイ諸島を訪問した際にはカラカウア王に親しくなって、ハワイの地理や歴史に関心を持ち、古くのハレ・オ・ケアウエ王の名を「壜の小鬼」の主人公の名にしている[3]1890年10月に家族とともに南太平洋のサモア諸島中のウポル島に移住し、残りの生涯を同地ですごした。彼は島人から「ツシタラ(語り部)」として好かれ、自らも島の争いを調停するなどの仕事をした。島での暮らしは健康に恵まれ、多くの作品を発表した。ジャコバイトの反乱の際に発生したアソル公爵家の分裂騒動に関心を持ち、それをモデルにした悲劇的な歴史小説『バラントレーの若殿』を書き始め、アメリカ、タヒチ、ハワイで書き継がれて1889年に単行本化された。またファニーの連れ子のロイド・オズボーンとの共著もある。

1894年12月4日、スティーヴンソンは妻との会話中、ワインの栓を抜こうとしたときに脳溢血の発作を起こし2時間後に亡くなった。遺稿は倒れる直前まで口述していた小説『ハーミストンのウエア』で未完作となった。

スティーヴンソンの亡骸はバエア山の頂に葬られ、墓碑には彼の詩が刻まれた。

Requiem
Under the wide and starry sky
Dig the grave and let me lie
Glad did I live and gladly die
And I laid me down with a will
This be the verse you grave for me
Here he lies where he longed to be
Home is the sailor, home from sea
And the hunter home from the hill
鎮魂歌
広大な星空の下
墓を穿ちわたしは横たわる
わたしは喜びとともに生き、喜びとともに死に
従容として身を横たえる
墓にはこう刻んで欲しい
彼、憧れの地に眠る
船乗りは海から故郷を望む
狩人は丘から故郷を望む

1897年母マーガレットが、1914年妻ファニーが死去。ウポル島のスティーヴンソンの旧邸は、現在「ロバート・ルイス・スティーヴンソン博物館」として利用されている。

ジョン・ゴールズワージーは「スティヴンソンは人間の型を描いたり人間の生活の種種の面を描き出すというよりは寧ろ物語作者であって、アレグザンダ・デューマーディッケンズに較べてみて遜色がないのみか、筋の運びの手際の良さと快適な速さを持つ点では却って両者を凌駕するものである。十九世紀の英国の作家の中で不朽の生命をもつであろうと想われるのは、ディッケンズを除けば一人スティヴンソンあるのみである」と述べ[4]、『アシニヤム』誌では「スティヴンソンこそ現文壇に於ける物語文学再興の主導者である」と評している[5]

今日もなお『宝島』『ジキル博士とハイド氏』『新アラビア夜話(自殺クラブ)』などは、児童向け抄訳を含めて日本や世界各国で広く読み継がれており、全作品が19世紀に属する英国作家としては最も大衆的人気を保ち続けている一人である。

作品リスト編集

長編小説編集

  • The Hair Trunk or The Ideal Commonwealth, 1877年(未完成・未発表)、2014年にThe Hair Trunk or The Ideal Commonwealth: An Extravaganzaの題で刊行
  • 宝島Treasure Island, 1883年
  • 『プリンス・オットー』Prince Otto, 1885年
  • ジキル博士とハイド氏Strange Case of Dr Jekyll and Mr Hyde, 1886年
  • 『誘拐されて』Kidnapped, 1886年
  • 『二つの薔薇』The Black Arrow: A Tale of the Two Roses, 1888年(『Young Folks』紙, 1983年6月30日-10月20日)
    • 中村徳三郎訳・岩波文庫
  • バラントレーの若殿The Master of Ballantrae: A Winter's Tale, 1889年(『スクリブナーズ・マガジン』1888年11月-1889年9月)
  • 『箱ちがい』The Wrong Box, 1889年(ロイド・オズボーンと共著)(1966年に映画化
  • 『難破船』The Wrecker, 1892年(ロイド・オズボーンと共著)
  • 『海を渡る恋』Catriona(アメリカ版David Balfour), 1893年(『誘拐されて』の続編)
  • 『引き潮』The Ebb-Tide. 1894年(ロイド・オズボーンと共著)
    • 駒月雅子訳・国書刊行会
  • 『ハーミストンのウエア』Weir of Hermiston, 1896年(未完)
  • 『虜囚の恋』St Ives: Being the Adventures of a French Prisoner in England, 1897年(未完、アーサー・キラークーチにより完成)

短編集編集

  • 『新アラビア夜話』(自殺クラブ) New Arabian Nights, 1882年 :『新アラビア夜話』( 南條竹則ほか訳・光文社古典新訳文庫)、『自殺クラブ』(第1話の題名だが高名なため書名に採った)で、河田智雄訳・講談社文庫のち福武文庫。二部構成の全7連作。
    • 自殺クラブ(クリーム・タートを持った青年の話)[6] The Suicide Club :作中話「クリームタルトを持った若者の話」「医師と旅行鞄の話」「二輪馬車の冒険」を含む。
    • ラージャのダイヤモンド Rajah's Diamond :作中話「丸箱の話」「若い聖職者の話」「緑の日除けがある家の話」「フロリゼル王子と刑事の冒険」を含む。
  • 『臨海楼綺譚』(眺海の館) New Arabian Nights vol.2 :『臨海楼綺譚』(島田謹二訳・角川書店)、『眺海の館』(井伊順彦ほか訳・論創社)。上記の第2巻(全4作の中編および短編)
    • 臨海楼綺譚 The Pavilion on the Links
    • その夜の宿 A Lodging for the Night
    • マレトロアの扉 The Sire De Maletroits Door
    • ベルトリーニのギター  Providence and the Guitar
  • 『続・新アラビア夜話 - 爆弾魔』(爆薬製造人)More New Arabian Nights: The Dynamiter, 1885年(妻ファニーとの合作) : 全14作の短編および掌編。
  • The Merry Men and Other Tales and Fables, 1887年
  • 『南海千一夜物語』Island Nights' Entertainments, 1893年(別題South Sea Tales) : 河田智雄訳・創土社/高松雄一訳・岩波文庫ほか
  • 『寓話集』Fables 1896年 : 「沈みかけた船」からの19掌編と番外「物語の人物たち」からなる。
  • Tales and Fantasies, 1905年
  • J.L.ボルヘスThe Isle of Voices, La Biblioteca di Babele 17, 1979年(高松雄一、高松禎子訳『声たちの島 バベルの図書館17』国書刊行会 1989年)

ノンフィクション編集

  • 『若い人々のために 其他』Virginibus Puerisque, and Other Papers, 1881年(随筆集)
  • Familiar Studies of Men and Books, 1882年(随筆集、吉田松陰の小伝「’’Yoshida Torajiro’’」を含む)
    • 大学書林語学文庫、1983年/よしだみどり『知られざる「吉田松陰伝」』「第1章」に全訳収録・祥伝社新書、2009年
  • 『回想と肖像』Memories and Portraits, 1887年(随筆集)
  • On the Choice of a Profession, 1887年
  • Memoir of Fleeming Jenkin, 1888年
  • Father Damien: an Open Letter to the Rev. Dr. Hyde of Honolulu, 1890年(書簡集)
  • Vailima Letters, 1895年
  • Prayers Written at Vailima, 1904年
  • Essays in the Art of Writing, 1905年
  • The New Lighthouse on the Dhu Heartach Rock, Argyllshire, 1995年(1872年原稿による)
  • Sophia Scarlet, 2008年(1892年原稿による)

詩集編集

  • 子供の詩の園A Child's Garden of Verses, 1885年(童謡集)
    • 白石書店
  • Underwoods, 1887年(英語とスコットランド語で書かれている)
  • Ballads, 1891年
  • Songs of Travel and Other Verses, 1896年
  • Poems Hitherto Unpublished(全3巻)1916, 1916, 1921年

戯曲編集

  • Three Plays, 1892年(ウィリアム・アーネスト・ヘンリーと共著)

紀行文編集

  • 『内地の船旅』An Inland Voyage, 1878年(友人のRob Roy canoeとの、ベルギーのアントウェルペンからフランスのポントワーズまでの旅)
    • 吉田健一訳 岩波文庫『旅は驢馬をつれて』に収録。
  • Edinburgh: Picturesque Notes, 1878年(故郷エディンバラの土地、建築、歴史の紹介)
  • 『旅は驢馬をつれて』Travels with a Donkey in the Cévennes, 1879年(フランス中部セヴェンヌ山脈の2週間のひとり旅)
  • The Silverado Squatters, 1883年(妻ファニーとその子ロイドとの、アメリカのNapa Valleyへの新婚旅行。カリフォルニアワインの発展を予見している)
  • Across the Plains, 1892年(1879–80年執筆、ニューヨークからカリフォルニアまでの列車の旅)
  • The Amateur Emigrant, 1895年(1879–80年執筆、ヨーロッパからニューヨークまでの船旅)
  • The Old and New Pacific Capitals, 1882年(1879年8-12月のカリフォルニアのモントレーでの滞在)
  • Essays of Travel, 1905年

島の文学編集

  • In the South Seas, 1896年(太平洋のたびに関する記事とエッセイ集)
  • A Footnote to History, Eight Years of Trouble in Samoa, 1892年

日本独自編集編集

  • 『スティーヴンソン ポケットマスターピース08』集英社文庫ヘリテージ、2016年(「ジーキル博士とハイド氏」ほか10作品。辻原登編・作品解説中和彩子・大久保譲・吉野由起)

ギャラリー編集

伝記編集

脚注編集

  1. ^ 代々灯台関係者で、ベラ・バサースト(Bella Bathurst)は、ノンフィクション "The Lighthouse Stevensons"を著し、2000年にサマセット・モーム賞を受賞した。
  2. ^ 中村徳三郎『後書き』(『二つの薔薇』岩波文庫 1950年)
  3. ^ 『南海千一夜物語』岩波書店 1955年 中村徳三郎「解説」
  4. ^ Four More Novelists in Profule,1928(『南海千一夜物語』岩波書店 1955年 中村徳三郎「解説」)
  5. ^ 1894.12.22(『南海千一夜物語』岩波書店 1955年 中村徳三郎「解説」)
  6. ^ 光文社文庫「クイーンの定員 I」('92)など

関連項目編集

  • 光と風と夢 - 中島敦作。サモアに移ったスティーヴンソンの生活を描く。
  • 17人のスティーヴンソン―図書における外国人名のカナ表記1 - 図書館流通センター発行。スティーヴンソンを代表例として、日本の図書における外国人名のカナ表記の揺れを調査したもの。
  • タリスカー - スコッチ・ウイスキーの銘柄。スティーヴンソンが酒の王者と称したことが知られている。

外部リンク編集