メインメニューを開く

稲泉 連(いないずみ れん、1979年[1][2]2月15日 - )は、日本のノンフィクション作家

概要編集

神奈川県立大船高等学校中退後[要出典]大学入学資格検定を経て早稲田大学に1997年入学[2]、2002年第二文学部を卒業[1]。月刊「文藝春秋1997年10月号に掲載された『僕が学校を辞めると言った日』により、第59回文藝春秋読者賞受賞。

早稲田大学卒業後、2005年『ぼくもいくさに征くのだけれど』で第36回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。最年少(当時26歳)の受賞者となった[3]

第21回大宅壮一ノンフィクション賞受賞のノンフィクション作家久田恵は母親であり、親子での受賞は初めてである[4]

著書編集

  • 『僕の高校中退マニュアル』文藝春秋、1998年
  • 『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』文藝春秋、2001年 のち文春文庫
  • 『ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死』中央公論新社、2004年 のち中公文庫
  • 『仕事漂流 就職氷河期世代の「働き方」』プレジデント社、2010年 のち文春文庫(2013年)
  • 『命をつないだ道 東北・国道45号線をゆく』新潮社、2012年 のち『命をつなげ: 東日本大震災、大動脈復旧への戦い』に改題し新潮文庫(2014年)
  • 『復興の書店』小学館、2012年 
  • 『ドキュメント豪雨災害 そのとき人は何を見るか』岩波新書、2014年
  • 『豊田章男が愛したテストドライバー』小学館、2016年
  • 『「本をつくる」という仕事』筑摩書房、2017年

脚注編集