稲瀬川(いなせがわ)は、静岡県静岡市清水区および富士宮市を流れる富士川水系一級河川芝川稲子川と並ぶ旧芝川町の代表的な河川である。

稲瀬川
Inase River.jpg
稲瀬川と富士山(静岡県富士宮市より)
水系 一級水系 富士川
種別 一級河川
延長 約12.3 km
平均流量 -- m³/s
水源 静岡県清水区宍原
水源の標高 -- m
流域 静岡県
テンプレートを表示

地理編集

流路延長は約12.3km。静岡県静岡市清水区の宍原地区に源を発し、同地内で矢崎川と合流。富士見ヶ丘カントリークラブの南側を蛇行しながら東へ流れ、入川を合わせると同時に県道75号線に沿い富士宮市に向かい流れる。

富士宮市へ入ると県道75号線に沿い北流し途中、山口川、廻沢川などの河川をあわせ内房地区を蛇行しながら流れる。最後にほぼ同規模の内房境川を合わせ富士川に合流する。内房地区においては内房川とも呼ばれている。

内房地区はが特産品として有名であり、稲瀬川のダイナ橋付近に筍の加工場がある。また稲瀬川から望む富士山の風景は、環境省が公開した富士山がある風景100選の内の1つである。

流域の施設編集

  • 瓜島温泉
  • 富嶽カントリークラブ
  • 富士見ヶ丘カントリークラブ
  • ダイナ橋 - 1952年内房地区のダイナ台風の被害のため、稲瀬川の流れを変えた際に作られた橋。橋台の上に茶摘み娘の人形が飾られている。

主な支流編集

脚注編集

[脚注の使い方]