メインメニューを開く

穂積国興

平安時代前期の豪族・神職

穂積 国興(ほづみ の くにおき)は、平安時代前期の豪族神職穂積氏の一族で、カバネ朝臣熊野速玉大社一禰宜・穂積豊庭の長男。

 
穂積国興
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
氏族 穂積朝臣
父母 父・穂積豊庭
兄弟 国興、是興、弘興
基雄、鈴木基行、基衡、宇井基成室

目次

略歴編集

熊野速玉大社の一禰宜を務めた。御倉領物忌領。長男・基雄は禰宜を継ぎ、次男・鈴木基行藤白鈴木氏の始祖となった。三男・基衡は飛鳥大行事祝。また、榎本氏の祖・榎本真俊、宇井氏の祖・宇井基成も国興の子とする伝承がある。

系譜編集

参考文献編集

  • 穂積姓鈴木氏: 紀州德川二七〇年鈴木家系譜(鈴木淳介、1982)
  • 古代氏族系譜集成/中巻(宝賀寿男)

関連項目編集