メインメニューを開く

穂積 祖足(ほづみ の おやたり)は、飛鳥時代の人物。カバネ穂積磐弓の子。推古天皇8 年(600年)に初の征新羅副将軍に任命された。『日本書紀』に記載がある。

 
穂積祖足
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
別名 穂積臣
官位 征新羅副将軍
主君 推古天皇
氏族 穂積
父母 父:穂積磐弓 母:笠味夫娘・黒斗売
、人足、乙咩、古閉
テンプレートを表示

目次

経歴編集

祖足は父と共に推古天皇に出仕した。推古天皇8 年(600年)に任那日本府救援のために境部摩理勢征新羅大将軍に任じられると、祖足は征新羅副将軍に任ぜられ、約1万の軍勢を率いて新羅に出征した(新羅征討計画)。結果、五つの城を攻め落として新羅を降伏させ、さらに多多羅、素奈羅、弗知鬼、委陀、南迦羅、阿羅々の6つの城を攻略して倭国への朝貢を約束させた[1]

系譜[2]編集

系譜に関して『日本書紀』に記載はない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本書紀』推古天皇8年条。ただし、穂積臣と記載されており、名前が欠名となっている。
  2. ^ 『亀井家譜』東大史料編纂所蔵

参考文献編集

  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年