穆 観(ぼく かん、389年 - 423年)は、北魏官僚は闥抜。本貫代郡

経歴編集

穆崇の子として生まれた。宜都公の爵位を嗣いだ。若くして文芸で名を知られ、選抜されて内侍となり、道武帝に器量を認められた。409年永興元年)、明元帝が即位すると、穆観は左衛将軍の号を受け、門下中書をたばね、詔命の出し入れを管轄した。明元帝が故事について諮問するたびに、穆観はいつも応答に遺漏がなかった。宜陽公主を妻に迎え、駙馬都尉の位を受け、太尉に上った。422年泰常7年)、泰平王拓跋燾が監国となると、穆観はその下で右弼をつとめた。423年(泰常8年)6月、突然の病のため、苑内で死去した。享年は35。宜都王に追封された。は文成といった。

子女編集

伝記資料編集