メインメニューを開く

穴澤天神社

東京都稲城市矢野口にある神社

穴澤天神社(あなざわてんじんしゃ)は東京都稲城市矢野口にある神社である。延喜式神名帳に記載される「武藏國多磨郡穴澤神社」に比定されている。旧社格は郷社

穴澤天神社
Anazawatenjin.JPG
拝殿
所在地 東京都稲城市矢野口3292
位置 北緯35度37分58秒
東経139度31分20.8秒
座標: 北緯35度37分58秒 東経139度31分20.8秒
主祭神 少彦名命
管神
社格 式内社(小)論社
郷社
創建 (伝)孝安天皇4年
本殿の様式 神明造
例祭 8月25日
テンプレートを表示

祭神[1]編集

主祭神

現在の主祭神は少彦名命となっているが、これには異論もあり、本来は少彦名命ではなくこの地の土地神(穴澤神)を祀っていたのではないかとも考えられている。

相殿神

元禄7年(1694年)に天満神社の祭神を合祀した。
  • 大己貴命
大正7年(1918年])に国安神社の祭神を合祀した。

境内社編集

  • 稲荷社
  • 神明神社
  • 山王神社
  • 辨天社
江戸時代までは、洞窟入口に大黒天や毘沙門天等の仏像が安置されていたが、明治4年(1871年)に旧別当寺「威光寺」へ遷された。現在は、左側の洞窟に石祠が残されている。[1]

概要編集

 
湧水

創建は孝安天皇4年(紀元前423年)3月とされる。三沢川沿いの多摩丘陵の中腹が境内となっている。境内直下の崖下の洞窟の祠からは東京の名湧水57選に選ばれている湧水が湧き出ており、これを汲みに来る者が絶えない。

『穴澤天神縁起』には、元禄7年(1694年)に地頭であった加藤太郎左衛門が社殿を改修、天満神社を合祠したとの記述がある。境内の北側(三沢川側)の斜面には横穴があって、かつてはここに石仏が安置されていたが、現在は威光寺の弁天洞窟内に移されている。この処置が廃仏毀釈の結果なのかどうかは不明である。社殿は1986年に修復された。

境内には、稲城の地名の命名者といわれる漢学者窪全亮の私塾「奚疑塾」の功績を称えた顕彰碑が建つ。

例大祭は8月25日で、江戸の里神楽(国の重要無形民俗文化財)、獅子舞(市指定文化財)などが奉納される。

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 文政13年(1830年)に作成された『新編武蔵風土記稿』(矢野口村)穴澤天神社 より

外部リンク編集