メインメニューを開く

空埜 一樹(そらの かずき、1984年8月21日 - [1])は、日本の小説家ライトノベル作家)。

大阪コミュニケーションアート専門学校[2]福岡デザインコミュニケーション専門学校[3]出身。2006年に「ここにいるカミサマ。」(未刊行)で第3回MF文庫Jライトノベル新人賞メディアファクトリー主催)第三次選考通過。[4]2007年に「死なない男に恋した少女」で第1回ノベルジャパン大賞ホビージャパン主催)奨励賞を受賞。[5] 2008年6月に同作を改稿のうえでHJ文庫より刊行し、デビューした。HJ文庫で一番作品数が多い作家でもある。[6]

作品編集

HJ文庫編集

オーバーラップ文庫編集

ダッシュエックス文庫編集

脚注編集

外部リンク編集