立川基地グローブマスター機墜落事故

立川基地グローブマスター機墜落事故(たちかわきちグローブマスターきついらくじこ)とは、1953年昭和28年)6月18日東京都立川市立川基地を飛び立った米軍の大型輸送機グローブマスター(C-124)が、東京都小平町(現・小平市)に墜落し、乗員や米兵など129名全員が死亡した事故である。

アメリカ空軍 51-0137
C-124C Globemaster II.jpg
事故の概要
日付 1953年6月18日
概要 エンジンの故障と パイロットエラー
現場 日本の旗 日本 立川市
乗客数 122
乗員数 7
負傷者数 0
死者数 129 (全員)
生存者数 0
機種 ダグラス C-124A-DL グローブマスター II
運用者 アメリカ合衆国空軍の旗 アメリカ空軍
機体記号 51-0137
出発地 日本の旗 日本 立川基地
目的地 大韓民国の旗 韓国 金浦国際空港
テンプレートを表示

また、人類の航空機史上初めて死亡者100名を超えた事故でもあった[1]

事故の概要編集

1953年昭和28年)6月18日午後4時31分、立川基地からC-124(シリアルナンバー51-0137)が離陸した。日本で休暇を取っていた朝鮮戦争従軍兵士(陸軍と空軍)および乗員ら合計129名が乗っていた。事故当時の気象は雲高1,000フィート、ところどころに雲の切れ間があり、視界は1マイル、小雨模様で少し霧がかかっており、好天とは言えないまでも米軍規則による「雲高250フィート以上、視界0.5マイル以上」の基準はクリアしていた。

離陸1分後、パイロットから立川基地の管制塔へ「エンジン1発が停止したので基地に戻る」との無線連絡があり、基地では即座に緊急着陸を受け入れる準備を始めた。しかし、無線から2分後の午後4時34分、事故機は小平町小川1丁目の麦畑に墜落、爆発炎上した。

目撃証言によれば、爆音が聞こえた後に大型機が低く垂れた雲を突き破って逆さまに墜ちてきて、錐もみのように一回転したという。乗っていた129名全員が死亡した。また現場から100メートルほど離れた場所で農作業をしていた52歳の農夫1名が火傷を負った[2]。現場の地面が深くえぐれていること、機体の破片は120~130メートル四方の狭い範囲内に散乱していること、全員が即死もしくは直後に死亡していることなどから、事故機は地面に対して垂直に近い角度で突っ込んだと推測された。事故後すぐに、日本の警察、消防、消防団、地元民達が駆けつけ周囲に倒れている米兵のうち息のある者を火災の及ばない場所まで移動させたが、全員がすぐに死亡したという。その後、立川基地や横田基地から来た米軍が現場を封鎖、日本の警察は現場の周りを警備するだけであった。犠牲者や機体の破片は米軍の手により立川基地へ搬送された。

事故後編集

  • 事故機は数日前に左側エンジンの気化器が故障・修理していたことが明らかとなり、この不具合によるエンジンが停止が疑われた。
  • 農作業用の小屋1棟が全壊、飛び散った燃料やオイル、消火用の薬剤、重機による整地作業で農地が使えなくなるなどの被害が出た。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Boyne 2013, p. 74.
  2. ^ 「米軍の大型輸送機墜落」『日本経済新聞』昭和28年6月19日9面

参考文献編集

関連項目編集