メインメニューを開く

立花 寿俶(たちばな ひさよし)は、江戸時代の後期の柳河藩士。柳河藩において、江戸幕府御三卿相当とされる、立花一門家の1つである立花右京家の祖である。幼名は淳次郎、通称は右京、は蘭斎、鶴舞堂、洗心庵、居業楼主人。父は藩主立花鑑寿。養兄は藩主立花鑑賢。妻は伯父、立花通厚の三女、正覚院。

 
立花 寿俶
時代 江戸時代後期
生誕 享和元年3月21日1801年5月3日
死没 天保2年7月29日1831年9月5日
別名 幼名:淳次郎、通称:右京、:蘭斎、鶴舞堂、洗心庵、居業楼主人
戒名 智徳院殿性海洞然大居士
墓所 福厳寺 (柳川市)
官位 なし
主君 立花鑑寿鑑賢鑑広
筑後国柳河藩一門家
氏族 立花氏
父母 父:立花鑑寿
兄弟 立花鑑賢の正室
立花通厚三女(正覚院)
立花鑑寛
テンプレートを表示

経歴編集

享和元年3月21日1801年5月3日)に柳河藩江戸藩邸下谷屋敷において出生する。文政4年(1821年)に江戸から柳川に移り、柳川城西三の丸に、屋敷と新知1000俵を与えられて分家し、一門家第3位の立花右京家を創設した。文人として柳川藩で活動したとされる。天保2年7月29日1831年9月5日)に死去。墓所は福厳寺 (柳川市)

参考文献編集