メインメニューを開く

竹内 勝太郎(たけうち かつたろう、1894年10月20日 - 1935年6月25日)は日本詩人。日本の象徴詩を確立したと評される。

目次

経歴編集

京都府京都市生まれ。私立清和中学校(立命館中学の前身)を中退。東京へ出て、三木露風に師事。独学で自然科学、哲学などを学び、文学を一生の業と考える。フランスの象徴派詩人ステファヌ・マラルメに影響を受け象徴詩の世界へ。

1915年から京都基督教青年会の夜学でフランス語を学ぶ。その後、日出新聞社の市政記者、大正日日新聞社の市政・美術担当記者、大阪時事新報の記者となる。

1928年には知友の支援を受けフランスに渡る。ポール・ヴァレリーに傾倒し、その詩技法は「美を破壊する美」へと変化していく。1929年に帰国。ヨーロッパの美術館についての報告書を京都市へ提出。京都市嘱託として大礼記念京都美術館建設委員会の事務に携わる(開館後は美術館嘱託)。

1932年、当時高校生の富士正晴野間宏桑原(竹之内)静雄を指導し、同人誌『三人』の刊行に関わった。1935年黒部峡谷黒部川に墜落し、行方不明、後に遺体が発見された。40歳。

著作編集

詩集
  • 「光の献詞」(1924年、私家版)
  • 「讃歌」(1924年、私家版)
  • 「林のなか」(1925年、私家版)
  • 「春の楽器」(1926年、私家版)
  • 「室内」(1928年、創元社
  • 「明日」(1931年アトリエ社
  • 「春の犠牲」(1941年弘文堂書房)
  • 「定本明日」(1948年明窗書房
  • 「黒豹」(1953年、創元社)
評論

『『竹内勝太郎全集』(全3巻)が刊行されている。

関連書編集

  • 富士正晴『竹内勝太郎の形成』(未来社)

関連項目編集

外部リンク編集