メインメニューを開く

竹本 弥太夫(たけもと やたゆう)は、義太夫節の太夫。6代目没して以降長らく途絶えている。正字体:彌太夫。

目次

初代編集

(生年不詳 - 文政3年5月13日1820年6月23日))

有規堂千賀太夫の門下で竹本千代太夫。一時豊竹磯太夫を経て弥太夫となった。

通称を「紙屋弥太夫」。

2代目編集

(生没年不詳)

初代弥太夫の門下。豊竹磯太夫が1820年に2代目弥太夫を襲名。

通称を「平野屋長七」。

3代目編集

(生没年不詳)

2代目弥太夫の門下で磯太夫(または浜太夫)が1841年に3代目弥太夫を襲名。

4代目編集

文化11年(1814年) - 慶応4年3月19日1868年4月11日))

阿波国小松島の生まれ、はじめ小松太夫3代目弥太夫門下から3代目竹本長門太夫の譲り弟子で1843年8月に京都四条北側芝居で3代目竹本実太夫1854年1月に西横堀清水町浜芝居で3代目弥太夫を襲名。

通称を「小川屋米吉」。あだ名を阿波で馬方していたために「馬方弥太夫」。

5代目編集

天保8年4月4日1837年5月8日) - 明治36年(1906年10月30日)本名は木谷伝次郎。

大阪府堀江 (大阪市)堀江の生まれ、1848年に3代目竹本長門太夫の門下で竹本小熊太夫を名乗る。1853年に竹本長子太夫と改名。1864年に4代目弥太夫の門下。その後4代目竹本長登太夫の門下。1868年に5代目弥太夫を襲名。1871年文楽座1886年に文楽座を退座、1894年彦六座の紋下。その後稲荷座の紋下。1899年に引退し後進指導に力を注いだ。得意演目は「大晏寺」。「堀江の大師匠」と言われた名人。長男が実業家収集家芝川照吉、次男が演劇研究家木谷蓬吟

6代目編集

(慶応2年10月12日1866年11月18日) - 大正13年(1924年6月6日)本名は竹内亀松。

大阪府南堀江の生まれ、1884年に5代目弥太夫の門下で弥生太夫、1886年上京し初代竹本綾瀬太夫譲り弟子で小相太夫、1889年ごろに帰阪、2代目竹本長子太夫を襲名。1913年に6代目弥太夫を襲名。世話物などを得意とした。