メインメニューを開く

竹迫 司登(たけさこ かずと、1991年7月15日[2] - )は、日本プロボクサー大阪府寝屋川市出身。第61代日本ミドル級王者。ワールドスポーツボクシングジム所属。

竹迫 司登
基本情報
階級 ミドル級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-07-15) 1991年7月15日(28歳)
出身地 大阪府寝屋川市
スタイル オーソドックス[1]
プロボクシング戦績
総試合数 12
勝ち 11
KO勝ち 11
敗け 0
引き分け 1
テンプレートを表示

来歴編集

小学生の頃から石田順裕の指導を受けてボクシングを始めた[3]

茨木工科高校卒業後、龍谷大学に入る。なお龍谷大学時代、国体近畿予選で村田諒太と対戦経験がある[4]

2015年7月14日、後楽園ホールで開催された「DANGAN133」にて横田知之とスーパーウェルター級5回戦を戦い、2回1分55秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[5]

2015年9月29日、後楽園ホールで開催された「DANGAN-B級トーナメント」にてエルフェロス・ベガ(コロンビア)とスーパーウェルター級5回戦を戦い、1回0分32秒TKO勝ちを収めて大会MVPを獲得した[6]

2016年4月22日、後楽園ホールでティアンデーン・チャイヨンジム(タイ)とスーパーウェルター級6回戦を戦い、1回1分27秒KO勝ちを収めた[7]

2016年8月13日、草加市文化会館ホールで大橋功弥と70.8 Kg契約8回戦を戦い、3回0分9秒TKO勝ちを収めた[8]

2016年11月11日、後楽園ホールで安京俊(韓国)とミドル級8回戦を戦い、3回1分3秒TKO勝ちを収めた[9]

2017年4月25日、後楽園ホールで開催された「DANGAN180」にてシンデット・シットサイトーン(タイ)とミドル級8回戦を戦い、2回2分15秒KO勝ちを収めた[10]

2017年11月4日、後楽園ホールで開催された「ダイナミックグローブ」にて福本祥馬と日本王座最強挑戦者決定戦ミドル級8回戦を戦い、1回1分30秒TKO勝ちを収めて日本王座への挑戦権を獲得した[11]

2018年3月3日、カルッツ川崎で開催された「ホープフルファイトvol.27」にて日本王者西田光と日本ミドル級タイトルマッチを行い、1回1分32秒TKO勝ちを収めて日本王座獲得に成功した[12]

2018年5月30日、日本プロボクシング協会により第39回チャンピオンカーニバルMVPに選ばれた[13]

2018年6月2日、後楽園ホールで開催された「574回ダイナミックグローブ」にてチャイワット・ムアンポンと73キロ契約10回戦を行い、7回2分44秒TKO勝ちを収めた[14]

2018年11月3日、後楽園ホールで開催された「578回ダイヤモンドグローブ」にて元日本同級王者で日本ミドル級3位の佐々木左之介と日本ミドル級タイトルマッチを行い、2回2分11秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[15]

2019年3月2日、後楽園ホールで同級1位の指名挑戦者である加藤収二と対戦し、10回1-1(94-96、95-95、96-94)の引き分けとなり、連続KOはストップしたが、2度目の防衛に成功した[16]

2019年8月3日、後楽園ホールで日本ミドル級タイトルマッチとして加藤と再戦し、8回終了TKO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[17]

獲得タイトル編集

戦績編集

  • アマチュア - 41戦30勝11敗[18]
  • プロ - 12戦11勝0敗1分(11KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2015年7月14日 勝利 2R 2:55 TKO 横田知之(中野サイトウ)   日本 プロデビュー戦
2 2015年9月29日 勝利 1R 1:32 TKO エルフェロス・ベガ(平石)   コロンビア B級トーナメント決勝戦
3 2016年4月22日 勝利 1R 1:27 KO ティアンデーン・チャイヨンジム   タイ
4 2016年8月13日 勝利 3R 0:09 TKO 大橋功弥(京拳)   日本
5 2016年11月11日 勝利 3R 1:03 TKO 安京俊   韓国
6 2017年4月25日 勝利 2R 2:15 KO シンデット・シットサイトーン   タイ
7 2017年11月4日 勝利 1R 1:30 TKO 福本祥馬 (角海老宝石)   日本 A級トーナメント決勝戦
8 2018年3月3日 勝利 1R 1:32 TKO 西田光(川崎新田)   日本 日本ミドル級タイトルマッチ
9 2018年6月2日 勝利 7R 2:44 TKO チャイワット・ムアンポン   タイ
10 2018年11月3日 勝利 2R 2:11 TKO 佐々木左之介(ワタナベ)   日本 日本王座防衛1
11 2019年3月2日 引分 10R 判定1-1 加藤収二(中野サイトウ)   日本 日本王座防衛2
12 2019年8月3日 勝利 8R終了 TKO 加藤収二(中野サイトウ)   日本 日本王座防衛3
テンプレート

脚注編集

  1. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】ミドル級 (72.57 kg以下) BOXINGアンテナ
  2. ^ 福本祥馬最強挑戦者決定戦へ! エビ☆ログ 角海老ボクシングジム公式ブログ 2017年10月27日
  3. ^ <ボクシング>村田と戦った男がTKOデビュー The Page 2015年7月14日
  4. ^ 竹迫司登 タイトル初挑戦でTKO勝ち わずか92秒で仕留める スポニチ 2018年3月3日
  5. ^ 龍谷大出身の竹迫司登がTKOでB級デビュー Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月14日
  6. ^ DANGAN-B級トーナメント、竹迫司登がMVP獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月29日
  7. ^ 2016年4月試合結果 日本ボクシングコミッション
  8. ^ 2016年8月試合結果 日本ボクシングコミッション
  9. ^ 小関桃が圧倒V17、日向野知恵に4回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月11日
  10. ^ 京口紘人がOPBFミニマム級V1、連続KOはストップ Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月25日
  11. ^ 日本王座挑戦へ 竹迫が1回KO勝ち、石本は2-1判定 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月4日
  12. ^ 竹迫司登が圧巻の初回TKO勝ち、日本ミドル級新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月3日
  13. ^ カーニバルMVPは竹迫、技能賞は久我、敢闘賞に細川 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月30日
  14. ^ 竹迫司登が圧巻の初回TKO勝ち、日本ミドル級新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月2日
  15. ^ 竹迫司登が初防衛「組み立てが」10連続KOも反省 日刊スポーツ 2018年11月3日
  16. ^ 竹迫司登が薄氷のドロー防衛 加藤収二は金星逃す Boxing News(ボクシングニュース)2019年3月2日
  17. ^ 竹迫司登が8回TKO勝ち 因縁リマッチは激戦 日本ミドル級戦 加藤収二はまたも及ばず Boxing News(ボクシングニュース)2019年8月3日
  18. ^ 関西MVPの竹迫がデビュー ボクシングモバイル 2015年7月15日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
西田光
第61代日本ミドル級王者

2018年3月3日 -現在

次王者
N/A