笠原 照重(かさはら てるしげ)は、戦国時代武将

 
笠原 照重
時代 戦国時代室町時代後期)- 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 天正9年12月19日1582年1月13日
改名 千松(幼名)→ 照重 → 全罷(法名
別名 平左衛門
主君 北条氏康氏政
氏族 藤姓笠原氏
父母 父:笠原康勝、母:不詳
兄弟 義兄:笠原政晴(実兄とする説や他の笠原家を継いだ人物とする説有り)
重政
テンプレートを表示

生涯編集

生年は不詳。笠原康勝の子とされる[1]

後北条氏家臣小机衆の一人であり、武蔵小机師岡と西郡柳下で108貫文御蔵島20貫文を給されていた[1]

天正9年(1581年12月19日武田勝頼に内通した戸倉城主・笠原政晴に攻められ伊豆戸倉で討ち死にした[1]

子孫編集

嫡子の笠原重政は後に徳川氏に属して天正19年(1591年都筑郡台村を領し、子孫は200石の旗本として続いた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『戦国人名事典 コンパクト版』、239ページ上段左

参考文献編集

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9