メインメニューを開く
船歴
起工 2002年3月6日
進水 2002年6月11日
竣工 2002年9月30日
その後
主要目
総トン数 1,059 トン(国際総トン)
747 トン(国内総トン)
全長 69.61 m
垂線間長 62.5 m
10.8 m
深さ 5.3 m
吃水 4.6 m
主機 川崎-MAN-B&W 6L35MC型ディーゼル 1基
出力 3,900kW
航海速力 17.0ノット
最高速力 18.848ノット
最大搭載人員 25名

第二勇新丸(だいにゆうしんまる)は、共同船舶が所有している調査船(目視採集船[1])。反捕鯨団体シー・シェパードの妨害活動に対しては水産庁監視船(目視専門船の第2昭南丸)の派遣と海上保安官の同乗を行っている[2]

目次

概要編集

2002年9月30日、内海造船で竣工。75mm捕鯨砲・鯨探機等を備える。

シーシェパードによる事件編集

2008年1月15日、シーシェパードの活動家2名(ベン・ポッツ、ジルス・レイン)が本船に不法侵入し拘束された。2名は17日にオーストラリアの税関巡視船「オセアニック・バイキング」に引き渡された。

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集