第二大川橋梁 (会津線)

第二大川橋梁(だいにおおかわきょうりょう)は、福島県南会津郡下郷町阿賀川(大川)に架かっていた日本国有鉄道(国鉄)会津線(現・会津鉄道会津線)の鉄道橋廃橋)である。

概要編集

国鉄会津線(現・会津鉄道会津線)の上三寄駅(現芦ノ牧温泉駅) - 湯野上駅(現湯野上温泉駅)間の延伸工事に伴って1932年(昭和7年)に完成した。桑原駅(現芦ノ牧温泉南駅) - 湯野上駅間の阿賀川(大川)に架かる全長62.4mの橋梁であった。この付近は、地元では「目覚ガ淵」と呼ばれている景勝地であり、高さ50m以上もあろう断崖に挟まれた淵である。

大川ダム建設による新線切り替え[1]に伴って、1980年(昭和55年)に橋桁が撤去された。なお、トラス橋を受けていた橋台が残っているのが国道121号118号から確認できる。

構造編集

単線上路式ワーレントラス1連 + 単線上路式プレートガーダー3連の形式であり、横河橋梁製作所(現横河ブリッジ)製であった。

周辺編集

その他編集

会津線旧線は、第三大川橋梁の桑原方で分岐してトンネル(封鎖されているが現存)を通過後、「目覚ガ淵」に架かる本橋梁を渡り、直ぐに第四小沼崎トンネル(封鎖されているが現存)に入っていた。

桑原駅(移転前) - 湯野上駅間は会津線で最も美しい景観であり、特に「目覚ガ淵」に架かる本橋梁は、鉄道ファンやカメラマンの有名撮影ポイントとなっていた。大川ダムの完成により難所を迂回するトンネルが出来たため、現在の会津鉄道会津線では見ることができない風景となっている。また、当橋梁跡の東側では、2025年令和7年)完成予定の国道118号・121号小沼崎バイパス〈仮称〉下郷大橋が阿賀川(大川)を跨いでおり、現国道側からの景観も著しく変化している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 上三寄駅 - 湯野上駅間が新線に切り替えられており、舟子仮乗降場(現大川ダム公園駅)、桑原駅が移転している。

関連項目編集

外部リンク編集

第二大川橋梁を渡る、C11形蒸気機関車牽引混合列車を撮影した写真
中央やや右上辺り(北東)に「目覚ガ淵」に架かる第二大川橋梁、阿賀川(大川)と鶴沼川の合流地点に第三大川橋梁(初代)が見える。

座標: 北緯37度18分53.1秒 東経139度54分16.0秒 / 北緯37.314750度 東経139.904444度 / 37.314750; 139.904444