メインメニューを開く

第四次中東戦争における戦闘序列(だいよじちゅうとうせんそうにおけるせんとうじょれつ)では、第四次中東戦争でのイスラエルエジプトシリア・その他の軍の指導者、部隊編制を記載する。

なお戦争中両軍(特にイスラエル軍)で各部隊の配属はたびたび変わったため、この表が完全な配属を表したとはいえない点に注意。

目次

イスラエル編集

画像外部リンク
  空軍司令官ベンヤミン・ペレト少将

  アマーン部長エリ・ゼイラ少将

Tikun Olam
首相 - ゴルダ・メイヤー
国防相 - モシェ・ダヤン
参謀総長 - ダビッド・エラザール中将
参謀次長 - イスラエル・タル少将
作戦部長 - アブラハム・タミールヘブライ語版少将
参謀本部諜報局(アマーン)部長 - エリ・ゼイラ英語版少将
諜報特務庁(モサド)長官 - ツビ・ザミール英語版
空軍司令官 - ベンヤミン(ベニー)・ペレト少将
海軍司令官 - ベンヤミン・テレム英語版少将

北部軍編集

画像外部リンク

  第36機甲師団長ラファエル・エイタン少将
(指し棒をもった人物)

malam

  第210予備役機甲師団長ダン・ラーナー少将(大佐当時の撮影)

naamoush.wordpress.com

  第146予備役機甲師団長モシェ・ペレト准将(第三次中東戦争時の撮影)

naamoush.wordpress.com
北部軍 (פיקוד צפון/Pikud Tzafon)
イツハク・ホフィ英語版少将

第36師団 編集

副師団長 - メナヘム・アビレム准将
第7機甲旅団 (חטיבה 7/Hativa 7) - アヴィグドール・ベン=ガル英語版大佐(センチュリオンショット・カル」装備)
第71戦車大隊 - メナヘム・ラッテスヘブライ語版中佐[注 1]
第74戦車大隊 - ヤイル・ナフシヘブライ語版中佐[注 2]
第77戦車大隊 - アヴィグドール・カハラニ英語版中佐
第75機械化歩兵大隊 - ヨス・エルダールヘブライ語版中佐
第188機甲旅団「バラク」 ("חטיבה 188 "ברק/Hativa 188 "Barak") - イツハク・ベンショハムヘブライ語版大佐[注 3]センチュリオンショット・カル」装備)
第53戦車大隊 - オデット・エレツ中佐[注 4]
第82戦車大隊 - ハイム・バラクヘブライ語版中佐[注 5]
第39戦車大隊 - アモス・カッツ中佐[注 6]
第1歩兵旅団「ゴラニ」 ("חטיבה 1 "גולני/Hativa 1 "Golani") - アミール・ドロリ大佐
第12歩兵大隊 - ヤーコブ・シャハール中佐
第13歩兵大隊 - ゼエブ・アンガー=オレン中佐
第51歩兵大隊 - イェフダ・ペレトヘブライ語版中佐
第317空挺旅団ヘブライ語版 (317 חטיבה/Hativa 317) - ハイム・ナーデルヘブライ語版大佐[注 7]
第212砲兵旅団 - バルーク・バクーニンヘブライ語版大佐
砲兵大隊(M50・155mm自走砲装備)
砲兵大隊(M50・155mm自走砲装備)
第405砲兵大隊(M109・155mm自走砲装備)
迫撃砲大隊(120mm自走迫撃砲装備)

第210師団編集

副師団長 - モシェ・バー・コヒバヘブライ語版准将
第4予備役機甲旅団英語版 (4 חטיבה/Hativa 4)[注 9] - ヤーコブ・ハダールヘブライ語版大佐
第42機械化歩兵大隊 - ガディ・ギル中佐
第127機械化歩兵大隊 - モルデハイ・エイラット中佐
第95戦車大隊(M50/M51「スーパーシャーマン」装備) - ヤーコヴ・ニューフィールド中佐[注 10]
第39戦車大隊(第188機甲旅団から配属) - ヨアブ・サフィ中佐
第61戦車大隊(第205予備役機甲旅団から配属) - モシェ・メラー中佐
第179予備役機甲旅団ヘブライ語版 (179 חטיבה/Hativa 179)[注 11] - ラン・サリグヘブライ語版大佐(センチュリオンショット・カル」装備)
第96戦車大隊 - イスラエル・レヴィン中佐
第266戦車大隊 - ウージ・モル中佐
第278戦車大隊 - アミール・ヨッフェ中佐(第198戦車大隊長とは別人)
第679予備役機甲旅団ヘブライ語版 (679 חטיבה/Hativa 679) - ウリ・オルヘブライ語版大佐(ガソリンエンジン型センチュリオン「ショット・ミーティア」装備)
第57戦車大隊 - モシェ・ハレル中佐
第93戦車大隊 - ラン・ゴットフリード中佐
第289戦車大隊 - ラファエル・シャプール中佐
(第205予備役機甲旅団)
第282砲兵旅団ヘブライ語版 - モシェ・レビ大佐
師団偵察大隊

第146師団編集

副師団長 - アリエ・シェイカー准将
((第4予備役機甲旅団)
第9予備役機甲旅団ヘブライ語版 (9 חטיבה/Hativa 9) - モルデハイ・ベンポラットヘブライ語版大佐
第377戦車大隊(M50/M51「スーパーシャーマン」装備) - ベン=シオン・パタン中佐
第11機械化歩兵大隊 - ドブ・アルフンボイム中佐
第91機械化歩兵大隊 - モシエ・エゴズ中佐
第670予備役機械化歩兵旅団ヘブライ語版 (670 חטיבה/Hativa 670) - ギデオン・ゴードンヘブライ語版大佐
第268戦車大隊(M50/M51「スーパーシャーマン」装備)
第58機械化歩兵大隊
第83機械化歩兵大隊
第205予備役機甲旅団ヘブライ語版 (205 חטיבה/Hativa 205)[注 13] - ヨッシ・ペレト英語版大佐(ガソリンエンジン型センチュリオン「ショット・ミーティア」装備)
(第61戦車大隊)
第94戦車大隊 - ガイ・ラコブゾン中佐
第125戦車大隊 - ツビア・トレン中佐[注 14]
第288偵察大隊 - ツビカ・ダッハブ中佐
第213砲兵旅団ヘブライ語版 - ダニー・アビダール大佐
師団偵察大隊

南部軍編集

画像外部リンク

  南部方面軍司令官シュムエル・ゴネン少将

ヘブライ語版Wikipedia

  第252機甲師団長アブラハム・マンドラー少将(左)とカルマン・マゲン准将

yadlashiryon.com
南部軍 (פיקוד הדרום/Pikud Darom)
シュムエル(シュムリク)・ゴネン英語版少将[注 15]
副司令官 - ウーリ・ベン=アリヘブライ語版大佐[注 16]
参謀長 - サソン・イツハキヘブライ語版准将

第252師団編集

第14機甲旅団ヘブライ語版 (14 חטיבה/Hativa 14) - アムノン・レシェフ英語版大佐[注 18]M48マガフ3』装備)
第52戦車大隊 - エマニエル・サケル英語版中佐
第184戦車大隊 - シャウル・シャヒム中佐
(第9戦車大隊)
第401機甲旅団 (401 חטיבה/Hativa 401) - ダン・ショムロン大佐(M48マガフ3』装備)
第46戦車大隊 - ダビット・ショーバルヘブライ語版中佐
(第52戦車大隊)
第195戦車大隊 - ウジ・レブツールヘブライ語版中佐
第460機甲旅団 (460 חטיבה/Hativa 460) - ガブリエル(ガビ)・アミールヘブライ語版大佐[注 19]M48マガフ3』、M60マガフ6A』、センチュリオンショット・カル』装備)
第196戦車大隊 - ヤーコブ・ラピドットヘブライ語版中佐
第198戦車大隊 - アミール・ヨッフェヘブライ語版中佐
第100戦車大隊 - エフード・バラク中佐(10月13日から)
第164機甲旅団英語版 (164 חטיבה/Hativa 164) - アブラハム・バロムヘブライ語版大佐
第104戦車大隊 - アムノン・エシュコルヘブライ語版中佐
第106戦車大隊 - モシェ・ガル中佐
第183戦車大隊 - ハガイ・コーヘンヘブライ語版中佐

第143師団編集

 
第143予備役機甲師団長シャロン少将とダヤン。
副師団長 - ヤーコブ(ジャッキー)・エベンヘブライ語版准将
(第14機甲旅団)
第247予備役空挺旅団ヘブライ語版 (247 חטיבה/Hativa 247) - ダニー・マット英語版大佐[注 20]
第416空挺大隊 - ツビ(ツビカ)・ヌル(ノイバール)ヘブライ語版中佐
第564空挺大隊 - ヨッシ・ヨッフェヘブライ語版中佐
第565空挺大隊 - ダン・ツィヴヘブライ語版中佐
第421予備役機甲旅団ヘブライ語版 (421 חטיבה/Hativa 421) - ハイム・エレツヘブライ語版大佐(M48マガフ3』装備)
第599戦車大隊 - アミ・モラグヘブライ語版少佐
第257戦車大隊 - シモン・ベン=ショシャン中佐
第264戦車大隊 - ギオラ・レブヘブライ語版少佐
第600予備役機甲旅団ヘブライ語版 (600 חטיבה/Hativa 600) - ツビア・ラビブヘブライ語版大佐[注 21]M60マガフ6A』装備)
第407戦車大隊 - オデット・マオツ中佐
第409戦車大隊 - ウジ・ベン=イツハクヘブライ語版中佐
第410戦車大隊 - アムノン・マートン中佐
第214砲兵旅団ヘブライ語版 - ヤーコブ・バクーニンヘブライ語版大佐
砲兵大隊(M50・155mm自走砲装備)
砲兵大隊(M50・155mm自走砲装備)
第899砲兵大隊(M109・155mm自走砲装備)
迫撃砲大隊(120mm自走迫撃砲装備)
第875機械化歩兵旅団英語版 (875 חטיבה/Hativa 875) - アリエル・ビロヘブライ語版大佐

第162師団編集

 
第162予備役機甲師団長アブラハム・アダン少将。
副師団長 - ドブ(ドビク)・タマリヘブライ語版准将
第217予備役機甲旅団ヘブライ語版 (217 חטיבה/Hativa 217) - ナタン(ナトケ)・ニルヘブライ語版大佐(センチュリオンショット・カル』装備)
第113戦車大隊 - アサフ・ヤグリヘブライ語版中佐[注 22]
第126戦車大隊 - ギオラ・コッペル中佐
第142戦車大隊 - ナタン・ハイラム中佐
第247予備役空挺旅団M中隊(配属) - ベン=シオン(バルカル)・ウィンナーヘブライ語版少佐
第500予備役機甲旅団「クフィル」英語版 ("חטיבה 500 "כפיר/Hativa 500 "Kfir") - アリエ・カレンヘブライ語版大佐(センチュリオンショット・カル』装備)
第429戦車大隊 - ダン・サピール中佐[注 23]
第430戦車大隊 - エリヤシブ・シムシヘブライ語版中佐
第433戦車大隊 - ナハム・ザケンヘブライ語版中佐
第35空挺旅団「ツァンハニム」 ("חטיבה 35 "צנחנים/Hativa 35 "Tzanhanim") - ウジ・ヤイリ英語版大佐
(第101空挺大隊 - アムノン・リプキン=シャハク英語版中佐)(ゴラン高原に派遣)
第202空挺大隊 - ドロン・ロビンヘブライ語版中佐
第890空挺大隊 - イツハク・モルデハイ中佐
(第460機甲旅団)
(第247機甲旅団)
(第274機甲旅団)
第215砲兵旅団ヘブライ語版 - ハイム・グラニットヘブライ語版大佐
第435砲兵大隊(M50・155mm自走砲装備)
第839砲兵大隊(M50・155mm自走砲装備)
第341砲兵大隊(装備不明)
第857砲兵大隊(160mm自走迫撃砲装備)
第340砲兵大隊(120mm自走迫撃砲装備)
第486砲兵大隊(120mm自走迫撃砲装備)

第146師団編集

第275歩兵旅団 (275 חטיבה/Hativa 275) - ピンカス(アルーシュ)・ノイヘブライ語版大佐
第9戦車大隊 - ヨム=トフ・タミールヘブライ語版中佐
第68歩兵大隊 - アミール・ルーベニヘブライ語版中佐[注 25]
第11機械化歩兵旅団ヘブライ語版 (11 חטיבה/Hativa 11) - アハロン(フェダレ)・ペレトヘブライ語版大佐
第204機械化歩兵旅団ヘブライ語版 (204 חטיבה/Hativa 204) - ツビ・ラミヘブライ語版大佐(センチュリオンショット・カル』装備)
第274機甲旅団ヘブライ語版 (274 חטיבה/Hativa 274) - ヨエル・ゴネンヘブライ語版大佐(ゴネン少将の弟)
第25戦車大隊(Tiran-4/5装備)
第227戦車大隊(Tiran-4/5装備)
第228戦車大隊(Tiran-4/5装備)
第225戦車大隊(Tiran-4/5装備)[注 26]
第88戦車大隊(Tiran-4/5装備)[注 26]

第440師団編集

 
南シナイ方面軍司令官イェシャヤフ・ガビッシュ少将(第三次中東戦争時撮影)。
(第274機甲旅団)
第225戦車大隊(Tiran-4/5装備)
第88戦車大隊(Tiran-4/5装備)
第889予備役機甲旅団ヘブライ語版 (889 חטיבה/Hativa 889) - ヨセフ・ユードヴィッチヘブライ語版大佐
第453戦車大隊(Tiran-5装備)
第574戦車大隊(Tiran-5装備)
旅団偵察隊(OT-62 TOPAS装備)

南シナイ(シュロモ)方面軍ヘブライ語版編集

シュロモ方面軍「ラシャール」(10月9日創設) - イェシャヤフ・ガビッシュヘブライ語版少将
第99予備役歩兵旅団ヘブライ語版 - ツビア・シャピラヘブライ語版大佐

エジプト編集

 
エジプト軍総司令部「センター10」における
エジプト軍首脳。左から:
情報部長:フアド・ナサル少将
作戦部長:アブドゥル・ガニ・エル・ガマシィ少将
参謀総長:サード・エル・シャズリ中将
アンワル・サダト大統領
国防相:アフマド・イスマイル・アリ上級大将
防空軍司令官:モハメド・アリ・ファハミ少将
最高司令官 - アンワル・サダト大統領
国防相英語版 - アフマド・イスマイル・アリ英語版上級大将
参謀総長英語版 - サード・エル・シャズリ英語版中将
作戦部長 - モハメド・アブドゥル・ガーニ・ガマシィ英語版少将
海軍英語版司令官 - フアド・ゼクリアラビア語版海軍少将
空軍英語版司令官 - ホスニ・ムバラク少将
防空軍英語版司令官 - モハメド・アリ・ファハミ英語版少将

司令部付予備部隊編集

第10機械化歩兵旅団
第114機械化歩兵旅団
第23戦車旅団
第39砲兵旅団
第27親衛戦車旅団 (لواء مدرع حرس جمهوري 27/Liwa' Madrae Haras Jmhwry 27)
ナセル親衛独立機甲旅団
第35独立戦車旅団
第128コマンドー旅団
第130コマンドー旅団
第131コマンドー旅団
第132コマンドー旅団
第134コマンドー旅団
第140空挺旅団
第150空中機動旅団
第160空中機動旅団
第63砲兵旅団
第64砲兵旅団(FROG7装備)

第2野戦軍編集

第2野戦軍英語版 (الجيش الثاني الميداني/Jaysh Alththani Almaydani)
サード・マムーン英語版少将(15日よりアブドゥル・ムネイム・カリル英語版少将)
参謀長 - タイシール・アッカドアラビア語版少将
  • ポートファド管区守備隊 - オマール・カリド少将
第30独立歩兵旅団 (لواء مشاة مستقل 30/LiWa' Mushat Mustaqill 30) - モハメド・サラーフ・エルディン准将
第135独立歩兵旅団 (لواء مشاة مستقل 135/LiWa' Mushat Mustaqill 135) - ムスタファ・エルアバシィ大佐
第90歩兵旅団 - ザラフ・ハデイル大佐
第134歩兵旅団
第136機械化歩兵旅団
(砲兵旅団(ナンバー不明))
第15独立戦車旅団 (لواء مدرع مستقل 15/Liwa' Madrae Mustaqill 15) (配属)
第4歩兵旅団 - モハメド・ハッサン・アブ・マサリアラビア語版大佐
第120歩兵旅団
第117機械化歩兵旅団
(第59砲兵旅団)
第24戦車旅団(第23機械化歩兵師団より配属)
第16歩兵旅団
第112歩兵旅団
第3機械化歩兵旅団 - サフィク・メトリ・サデクアラビア語版大佐(10月9日戦死)
(第41砲兵旅団)
第14戦車旅団(第21戦車師団より配属)
第1戦車旅団 - モハメド・タフィク・アブ・サデーアラビア語版大佐
(第14戦車旅団)(第16歩兵師団へ配属)
第18機械化歩兵旅団
(第51砲兵旅団)
第116機械化歩兵旅団
第118機械化歩兵旅団
(第24戦車旅団)(第2歩兵師団へ配属)
(第67砲兵旅団)
第182空挺旅団 - イスマイル・アズミイ大佐
第129コマンドー旅団(サーカ部隊) - モフ・アブド・エル・ヘイカル大佐
第47砲兵旅団
第57砲兵旅団
第62迫撃砲旅団
+各師団の5個砲兵旅団
第9工兵旅団 - ガメル・タルマイ大佐
画像外部リンク

  第18歩兵師団長ファド・アジズ・ガリ准将

アラビア語版wikipedia

  第23機械化歩兵師団長アフメド・アブド・エル=ゾモル准将

アラビア語版wikipedia

第3野戦軍編集

第3野戦軍英語版 (الجيش الثالث الميداني/Jaysh Alththalith Almaydani)
アブドゥル・ムネイム・ワッセル英語版少将
参謀長 - ムスタファ・シャヒーンアラビア語版少将
作戦参謀 - モハメド・ナビアラビア語版少将
第11歩兵旅団
第12歩兵旅団
第8機械化歩兵旅団 - フアド・サラー・アーキルアラビア語版大佐
(第49砲兵旅団)
第25独立戦車旅団(配属) - アフメド・バダウィ・ハサン大佐(T-62を装備)
第5歩兵旅団
第7歩兵旅団 - ファウジ・ムハッソンアラビア語版大佐
第2機械化歩兵旅団 - メフメト・カリムアラビア語版大佐
(第69砲兵旅団)
第3戦車旅団(第4戦車師団より配属)
第2戦車旅団 - アンワル・カイリアラビア語版大佐
(第3戦車旅団 - ヌル・アル=ディン・アブドゥル・アジズアラビア語版大佐(10月14日戦死))(第19歩兵師団へ配属)
第6戦車旅団
第6機械化歩兵旅団 - モハメド・マハディアラビア語版大佐
(第4砲兵旅団)
第1機械化歩兵旅団 - サラーフ・ゼキアラビア語版大佐
第113機械化歩兵旅団
第22戦車旅団
(第43砲兵旅団)
第130独立海兵旅団 - モハメド・シャイブ・シャリマン准将(PT-76BTR-60を装備)
第127コマンドー旅団 - ラメズ・エルガンディ大佐
第53砲兵旅団
第55砲兵旅団
第60迫撃砲旅団
+各師団の計4個砲兵旅団
第109工兵旅団 - ファド・モハメド・サルタン准将
画像外部リンク

  第3軍作戦参謀モハメド・ナビ少将

アラビア語版wikipedia

  第19歩兵師団長ユースフ・アフィフィ准将

アラビア語版wikipedia

  第6機械化歩兵師団長モハメド・アブドゥル・ファタ・モハラム准将

アラビア語版wikipedia

  第3軍砲兵司令官モネム・シャス准将

アラビア語版wikipedia

シリア編集

 
前線を視察するアサド大統領(左手を挙げている人物)とトラス国防相(アサドの横の人物)。
大統領 - ハフェズ・アル・アサド
国防相 - ムスタファ・トラス少将
参謀総長 - ユースフ・シャクールヘブライ語版少将
作戦部長 - アブドゥル・ラツァック・シスル
作戦副部長 - アブドゥル・バシス(実際の攻撃計画責任者)
情報部長 - ジェラブル・ビター少将
特殊作戦部長 - アリ・アスラン准将(第5歩兵師団長と同一人物)
空軍英語版司令官 - ナジ・ジャミル少将
諜報局英語版長官 - ヒクマト・アル=シハービー英語版
諜報局副長官 - アリ・ドゥーバ英語版

司令部直属部隊編集

最高司令部(シャクール指揮)の直接の指揮下にあった部隊を示す。

共和国親衛隊(アサド親衛戦車旅団) - リファド・アサド中佐(T-62装備)
第82空挺大隊 (كتيبة 82 مظليين/Katibat 82 Mizliayn)(ヘルモン山攻防戦に投入)
第1特殊作戦群ヘブライ語版 - アリ・ヘイダール英語版(7個大隊)
砂漠親衛大隊
第1軽歩兵大隊(ドルーズ系) - オマ・アブシャラシュ中佐
第30歩兵旅団 (لواء 30 مشاة/Liwa' 30 Mushat)
第62歩兵旅団 (لواء 62 مشاة/Liwa' 62 Mushat)
第90歩兵旅団 (لواء 90 مشاة/Liwa' 90 Mushat)
第88戦車旅団 (لواء 88 المدرع/Liwa' 88 Almudarrae)
第141戦車旅団 (لواء 141 المدرع/Liwa' 141 Almudarrae)

主要部隊編集

 
第四次中東戦争勃発時の1973年10月6日における各師団の展開状況(ヘブライ語)。

ゴラン高原の攻撃に参加した主要5個師団を示す。第1、第3戦車師団はダマスカス周辺で予備部隊として待機していた。

第112歩兵旅団
第61歩兵旅団
第132機械化歩兵旅団
第50砲兵旅団
第46戦車旅団(配属)
第47戦車旅団(配属)
第7歩兵師団英語版 (فرقة 7 مشاة/Firqat 7 Mushat) - オマル・アル=アブラシュヘブライ語版准将(8割機械化)[注 28]
第68歩兵旅団
第75歩兵旅団
第1機械化歩兵旅団
第70砲兵旅団
第78戦車旅団(配属)
第52歩兵旅団
第53歩兵旅団
第43機械化歩兵旅団
第89砲兵旅団
第51戦車旅団(配属)
第4戦車旅団
第91戦車旅団
第2機械化歩兵旅団
第64砲兵旅団
  • 第3戦車師団 (فرقة المدرعة 3/Firqat Almudraeat 3) - ムスタファ・シャルバ大佐
第20戦車旅団
第65戦車旅団
第15機械化歩兵旅団
第13砲兵旅団

他国の派兵部隊編集

モロッコ機械化歩兵旅団 - サフライ准将
サウジアラビア第20機甲旅団(兵力約2,000人)
イラク第3戦車師団 - モハメッド・アミン少将(兵力1万6,000人、戦車定数310輌)
第6戦車旅団 - イマミ大佐(戦車130輌)
第12戦車旅団(戦車130輌)
第8機械化歩兵旅団 - モハメッド・ワハビ大佐(戦車50輌)
師団砲兵群
ヨルダン第40機甲旅団 (لواء 40 المدرع/Liwa' 40 Almudarrae) - ハレド・ハジャウリ・エル・マジャリ准将(兵力4,500人、センチュリオン戦車110輌、装甲偵察車20輌、105mm榴弾砲12門、兵員輸送車20輌)
戦車大隊×2
機械化歩兵大隊
工兵大隊
偵察中隊
砲兵大隊(配属)

注釈編集

  1. ^ 戦車教導隊の装備・要員で編成。10月9日戦死。
  2. ^ 第188機甲旅団より配属。
  3. ^ 10月7日戦死。10月9日よりヨセフ・ベンハナン中佐指揮(11日負傷)。
  4. ^ 10月9日よりヨセフ・ベンハナン中佐指揮のもと第7機甲旅団に配属。
  5. ^ 第7機甲旅団より配属。
  6. ^ 10月9日より戦闘加入。
  7. ^ エリシャ・シャレム大佐とする資料も存在する。
  8. ^ a b c 10月7日より戦闘加入。
  9. ^ 10月9日より第146予備役機甲師団へ配属。
  10. ^ 戦死後モシェ・ハダリ中佐
  11. ^ 10月22日よりシナイ方面へ転戦、第252師団へ配属。
  12. ^ 10月8日より戦闘加入。
  13. ^ 10月10日より第210予備役機甲師団へ配属。
  14. ^ 戦死後ダビット・カスピ中佐
  15. ^ 10月9日よりハイム・バーレブ英語版中将。
  16. ^ 10月15日より准将。
  17. ^ 10月13日戦死、同日よりカルマン・マゲンヘブライ語版少将。
  18. ^ 10月7日より第143予備役機甲師団へ配属。
  19. ^ 10月7日より第162予備役機甲師団へ配属。
  20. ^ 10月15日より戦闘に加入。
  21. ^ 10月16~17日第162師団へ配属。
  22. ^ 10月8日捕虜
  23. ^ 10月8日戦死。イツハク・ラビンヘブライ語版中佐(のち首相のイツハク・ラビンとは無関係である)が指揮を受け継いだ。
  24. ^ 10月13日より少将に昇進の上第252機甲師団長、同日よりサソン・イツハキ准将。
  25. ^ 第16予備役歩兵旅団ヘブライ語版より配属、バーレブライン拠点(南部の「ニサン」、「メサグー」除く)の守備を担当。
  26. ^ a b 第440混成師団に配属。
  27. ^ のちメナヘム・メロンヘブライ語版准将に交代。
  28. ^ 10月8日戦死。同日よりサイード・ベラクダル准将。

参考文献編集

和書
  • 田上四郎 『中東戦争全史』 原書房、1981年。ISBN 978-4562011902
  • 高井三郎 『第四次中東戦争 シナイ正面の戦い』 原書房、1982年。ISBN 4-562-01138-6
  • 高井三郎 『ゴランの激戦 第四次中東戦争』 原書房、1982年。ISBN 4-562-01250-1
  • アブラハム・ラビノヴィッチ 『ヨムキプール戦争全史』 滝川義人(訳)、並木書房、2009年。ISBN 978-4890632374
  • ジャック・ドロジ、ジャン=ノエル・ギュルガン 『イスラエル・生か死か 1 戦争への道』 早良哲夫、 吉田康彦(訳)、サイマル出版会、1976年。
  • ハイム・ヘルツォーグ 『図解中東戦争 イスラエル建国からレバノン進攻まで』 滝川義人(訳)、原書房、1990年。ISBN 978-4562021697
洋書
  • Avigdor Kahalani (1992). The Heights of Courage:A Tank Leader's War on the Golan. Praeger. ISBN 978-0-275-94269-4. 
  • Avraham Adan (1980). On the Banks of the Suez:An Israeli General's Personal Account of the Yom Kippur War. Arms and Armour Press. ISBN 0-85368-177-5. (邦題:「砂漠の戦車戦 第四次中東戦争」)
  • Chaim Herzog (2009). The War of Atonement:The Inside Story of the Yom Kippur War. A GreenHill Book. ISBN 978-1-935149-13-2. 
  • Simon Dunstan; Howard Gerrard (2008). The Yom Kippur War(1):The Golan Heights. Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-220-3. 
  • Simon Dunstan; Kevin Lyles (2008). The Yom Kippur War(2):The Sinai. Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-221-0. 

外部リンク編集