メインメニューを開く

第128次IOC総会(だい128じIOCそうかい)は、2015年マレーシアクアラルンプールのクアラルンプール・コンベンションセンターで開かれた国際オリンピック委員会総会である。

この総会では、2022年冬季オリンピック2020年冬季ユースオリンピックの開催地を決める投票やIOCの副会長・理事などの選出選挙が行われた。

総会開催地決定まで編集

  •  -クアラルンプール

クアラルンプールは、2013年第125次IOC総会の開催地に立候補していたが、同じく立候補していたブエノスアイレスに敗れた。

リマは当初立候補していたものの、IOCの評価報告書で不備を指摘されたために辞退勧告を受け、立候補を取り止めた。

2012年3月のIOC理事会において、クアラルンプールが開催地に選ばれた。

2022年冬季五輪開催地決定投票編集

この総会では、2022年冬季オリンピックの開催地を決定する投票が行われた。2013年に立候補手続きが開始され、2014年に正式立候補都市に選出された都市の中から開催地が選ばれた。結果は北京であった。

その他の決定事項編集

IOC総会ではこのほか、南スーダンのNOCをIOCに加盟、IOCコードはSSDとする提案を可決された[1][2][3][4][5]

脚注編集

  1. ^ Butler, Nick (2015年7月7日). “Exclusive: South Sudan set for Olympic recognition at IOC Session in Kuala Lumpur”. Insidethegames.biz. 2015年7月26日閲覧。
  2. ^ S. Sudan becomes newest Olympic committee member” (2015年8月3日). 2015年8月6日閲覧。
  3. ^ South Sudan Becomes 206th Olympic Country” (2015年8月3日). 2015年8月6日閲覧。
  4. ^ South Sudan to compete in 2016 Summer Olympics” (2015年8月3日). 2015年8月6日閲覧。
  5. ^ South Sudan to compete in Rio after becoming 206th Olympic nation” (2015年8月3日). 2015年8月6日閲覧。

関連項目編集