メインメニューを開く

第2方面軍(だいにほうめんぐん)は、大日本帝国陸軍方面軍の一つ。

第2方面軍
創設 1942年昭和17年)7月4日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 方面軍
人員 約125,000
所在地 満州-ニューギニア-セレベス
通称号/略称
最終上級単位 大本営
担当地域 セレベス島
最終位置 セレベス
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

目次

沿革編集

1942年(昭和17年)7月に編制され、関東軍に編入された。1943年10月30日、豪北方面(オーストラリアの北方に位置するオランダ領東インド東部)に転用され大本営に直属した。

概要編集

方面軍人事編集

司令官
参謀長
  • 吉原矩 陸軍少将(陸士27期):1942年(昭和17年)7月4日 - 1942年(昭和17年)11月9日
  • 渡辺洋 陸軍少将(陸士27期):1942年(昭和17年)11月9日 - 1943年(昭和18年)10月29日
  • 沼田多稼蔵 陸軍中将(陸士24期):1943年(昭和18年)10月29日 - 1944年(昭和19年)12月26日
  • 佐久間亮三 陸軍少将(陸士27期):1944年(昭和19年)12月26日 - 1945年(昭和20年)5月29日
参謀副長
高級参謀(作戦課長)
  • 安達久 (陸士33期):1942年(昭和17年)7月1日 - 1943年(昭和18年)10月25日
  • 堀場一雄 (陸士34期):1943年(昭和18年)10月25日 - 1944年(昭和19年)3月22日
  • 重安穐之助 (陸士33期):1944年(昭和19年)3月22日 - 1945年(昭和20年)3月1日

最終隷下部隊編集

参考文献編集

  • 奥村明『セレベス戦記』(1974年、図書出版社)