第41回ゴールデンラズベリー賞

ゴールデンラズベリー賞 > 第41回ゴールデンラズベリー賞

第41回ゴールデンラズベリー賞は、2020年の映画で最低の作品に贈られる賞である[1]。ゴールデンラズベリー財団会員による投票に基づき、2021年3月11日にノミネート作品が発表され[2]、同年4月24日に最低賞の発表と授賞式が開催された[3]。 パンデミックとそれに伴う映画館の閉鎖、そして現代の他の授賞式(特にアカデミー賞)が示した例と相まって、ストリーミングメディアが初めてノミネートに有効となった。名誉挽回賞は発表されていない。

ノミネート一覧編集

太字が受賞である。

部門 候補
最低作品賞
Absolute Proof
愛は、365の日々で英語版
ドクター・ドリトル
ファンタジー・アイランド
ライフ・ウィズ・ミュージック
最低主演男優賞
Mike Lindell - 『Absolute Proof』
ロバート・ダウニー・Jr - 『ドクター・ドリトル
ミケーレ・モローネ - 『愛は、365の日々で
アダム・サンドラー - 『ヒュービーのハロウィーン
デヴィッド・スペード - 『僕のミッシー
最低主演女優賞
ケイト・ハドソン - 『ライフ・ウィズ・ミュージック
アン・ハサウェイ - 『マクマホン・ファイル』『魔女がいっぱい
ケイティ・ホームズ - 『ザ・ボーイ -残虐人形遊戯-』『ザ・シークレット: デア・トゥー・ドリーム
ローレン・ラプカス - 『僕のミッシー
アンナ=マリア・シエクルッカ - 『愛は、365の日々で
最低助演女優賞
マディ・ジーグラー - 『ライフ・ウィズ・ミュージック
グレン・クローズ - 『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌
クリステン・ウィグ - 『ワンダーウーマン 1984
ルーシー・ヘイル - 『ファンタジー・アイランド
マギー・Q - 『ファンタジー・アイランド
最低助演男優賞
ルドルフ・ジュリアーニ - 『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画
チェビー・チェイス - 『The Very Excellent Mr. Dundee
シャイア・ラブーフ - 『L.A.スクワッド
アーノルド・シュワルツェネッガー - 『Viy 2: Journey to China
ブルース・ウィリス - 『アンチ・ライフ』『ハード・キル』『ナイト・サバイバー
最低スクリーンコンボ賞
ルドルフ・ジュリアーニと彼のズボンのジッパー - 『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画
ロバート・ダウニー・Jrと彼の全く説得力のない「ウェールズ語」のアクセント - 『ドクター・ドリトル
ハリソン・フォードとあの完全に作り物と見えるCGIの「犬」- 『野性の呼び声
ローレン・ラプカスデヴィッド・スペード - 『僕のミッシー
アダム・サンドラーと彼の耳障りな声 - 『ヒュービーのハロウィーン
最低監督賞
シーア - 『ライフ・ウィズ・ミュージック
チャールズ・バンド - 『Corona Zombies』『Barbie & Kendra Save the Tiger King』『Barbie & Kendra Storm Area 51』
バルバラ・ビャオヴァス、トマシュ・マンデス - 『愛は、365の日々で
スティーヴン・ギャガン - 『ドクター・ドリトル
ロン・ハワード - 『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌
最低脚本賞
愛は、365の日々で』 - Tomasz Klimala、バルバラ・ビャオヴァス、トマシュ・マンデス、Blanka Lipińska(Blanka Lipińska原作の小説に基づく)
All 3 Barbie & Kendra movies(『Corona Zombies』、『Barbie & Kendra Save the Tiger King』、『Barbie & Kendra Storm Area 51』) – Kent Roudebush、Silvia St. Croix、Billy Butler
ドクター・ドリトル』 - スティーヴン・ギャガン、ダン・グレゴール、ダグ・マンドヒュー・ロフティング原作のドリトル先生シリーズに基づく)
ファンタジー・アイランド』 - ジェフ・ワドロウ、Chris Roach、Jillian Jacobs(Gene Levitt製作による同名TVシリーズに基づく)
ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』 - ヴァネッサ・テイラーJ・D・ヴァンス原作の小説『ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち』に基づく)
最低リメイク・パクリ・続編賞
ドクター・ドリトル
愛は、365の日々で
ファンタジー・アイランド
ヒュービーのハロウィーン
ワンダーウーマン 1984
史上最悪のカレンダー・イヤーにガバナーズ特別賞
2020年

脚注編集

関連項目編集