メインメニューを開く

第51普通科連隊(だいごじゅういちふつうかれんたい、JGSDF 51st Infantry Regiment)は、沖縄県那覇市那覇駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第15旅団隷下の普通科連隊(軽)である。第1混成団第1混成群第301・第302普通科中隊および第301重迫撃砲中隊を前身として、第15旅団への改編に伴い新編された。

第51普通科連隊
創設 2010年3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊(軽)
兵科 普通科
人員 約700名
所在地 沖縄県 那覇市
編成地 那覇
上級単位 第15旅団
担当地域 南西諸島
テンプレートを表示

一般的な普通科連隊としては珍しく、レンジャーを問わず陸士でも空路機動としてリペリング、ファストロープをCH-47等のヘリから降下する訓練を行う。 水陸機動団要員の養成のため、当部隊を主力として水陸両用基本訓練課程教育を実施[1]している。また、当部隊の隊員を基幹として「宮古警備隊」(仮称)が新編される予定である。

沿革編集

  • 2010年(平成22年)3月26日:第15旅団新編により第1混成群を廃止して第51普通科連隊として編成[2]

部隊編成編集

連隊の編成は、一般的な普通科連隊(軽)の編制に従ったものとなっている。これに伴い第1混成群時代の第301重迫撃砲中隊は、連隊本部の重迫撃砲小隊、および各普通科中隊の迫撃砲小隊として分割された。同様の形態を取る部隊に西部方面普通科連隊がある。

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 第1普通科中隊
  • 第2普通科中隊
  • 第3普通科中隊

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第51普通科連隊長 1等陸佐 谷口慎 2018年08月01日 陸上自衛隊教育訓練研究本部
歴代の第51普通科連隊長
(1等陸佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 中西信人 2010年03月26日 - 2012年07月25日 第1混成群 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
02 平田正義 2012年07月26日 - 2014年07月31日 第8師団司令部第4部長 第4師団司令部監察官
03 田中 淳 2014年08月01日 - 2016年07月31日 陸上自衛隊幹部学校 陸上幕僚監部副法務官
04 開雅史 2016年08月01日 - 2018年07月31日 陸上自衛隊幹部学校付 陸上幕僚監部指揮通信システム・情報部
指揮通信システム課企画班長
05 谷口慎 2018年08月01日 - 陸上自衛隊教育訓練研究本部

主要装備編集

脚注編集

出典編集

防衛省人事発令”. 2014年8月1日閲覧。

外部リンク編集