メインメニューを開く
日本対中国の男子バスケットボールの試合
女子バレーボールの試合

第6回極東選手権競技大会(だい6かいきょくとうせんしゅけんきょうぎたいかい)は、1923年大正12年)5月21日から5月26日まで、日本大阪府大阪市立運動場などで行われた極東選手権競技大会

大会総裁は秩父宮雍仁親王。皇族がスポーツの役員に史上初めて就任した大会である。大会総務委員長は春日弘

日本が陸上競技、水泳、庭球の3選手権、フィリピンが野球、排球、籠球の3選手権、中国が蹴球の選手権を獲得した。フィリピンからの要請で女子テニスが初めて加わり、日本(シングルス・金田咲子、ダブルス・田村富美子・梶川久子)が優勝した[1]

実施競技編集

  • 陸上競技
  • 水泳
  • 野球
  • 庭球
  • 蹴球
  • 籠球
  • 排球

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集