第71歩兵師団 (ドイツ国防軍)

第71歩兵師団(ドイツ語: 71. Infanterie-Division)は、ドイツ国防軍陸軍に存在した歩兵師団である。

第71歩兵師団
71. Infanterie-Division
71st Infanterie Division Logo.svg
1939年8月26日 - 1945年5月
国籍 Flag of the NSDAP (1920–1945).svgドイツ国
忠誠 Flag of the NSDAP (1920–1945).svgドイツ国
軍種 陸軍
兵科 歩兵
兵力 師団
上級部隊 War Ensign of Germany (1938–1945).svgドイツ国防軍陸軍
主な戦歴 第二次世界大戦

概要編集

形成編集

第二次世界大戦が勃発する直前の1939年8月26日に第71歩兵師団は組織された。しばらく駐屯任務に就いた後、1940年5月のフランス侵攻に参戦した。フランスではヴォー要塞英語版ドゥオモン要塞英語版を一時的に占領している[1]

運用編集

フランス侵攻を終えると、第71歩兵師団は9月頃までフランスルクセンブルクの占領に当たった。占領を終えた師団は、1940年10月から1941年1月まで国防軍最高司令部の宣伝部隊として動いていた。6月にはプシェムィシルに移り、バルバロッサ作戦の発動に加わっている。その後一時休養のためベルギーへ下がった師団は、1941年11月から1942年4月まで再び最高司令部の宣伝部隊として活動した。

第6軍麾下として独ソ戦に復帰した第71歩兵師団は、スターリングラード攻防戦において多くの犠牲を出し、壊滅した[1]

1943年夏頃、第71歩兵師団は再編された。11月からはイタリア戦線に移ったが、モンテ・カッシーノの戦いにおいて再び大きな損害を負った。残存部隊はハンガリーで戦闘を続けたが、最終的にオーストリアでイギリス軍に降伏した。

歴代師団長編集

脚注編集

  1. ^ a b Adam, Wilhelm; Ruhle, Otto Tony Le Tissier訳 (2015). With Paulus at Stalingrad. Pen and Sword Books Ltd.. p. 182. ISBN 9781473833869