メインメニューを開く

座標: 北緯51度45分 東経10度38分 / 北緯51.750度 東経10.633度 / 51.750; 10.633

ハルツ山地の地図

ハルツ山地(ハルツさんち、ドイツ語Harz, Der Harz[1], Harz (Mittelgebirge)[2]英語Harz(ハーズ))は、ドイツの中北部の東方に位置する山地

目次

概要編集

 
ボーデ渓谷 (en)
ハルツ山地にある圏谷の一つ。

古くから神秘的な山、特に中世では魔女の住む山として認知されてきた。その後、ゲーテハイネらがハルツに滞在し、紀行などで記した。 また、鉱山としても開発され、多くの地下資源が産出された。

19世紀以降、観光地・保養地として賑わうが、第二次世界大戦後はハルツに東西ドイツの国境が引かれ、分裂した。1990年の再統一後、所属するニーダーザクセン州ザクセン・アンハルト州テューリンゲン州と3つに分かれているものの、一体感が回復したハルツは観光地としての存在感を再び示し始めている。2006年国立公園に指定された。山麓には2- 5万人規模の複数の都市が位置しており、山地内には小規模なリゾート都市が多い。山地面積は2,226km2。最も標高が高いのはブロッケン山で1,141mである。

交通編集

空港は無い。鉄道ドイツ鉄道がハルツの北部と南部をそれぞれ東西に走らせている。便利なのはハノーファー(ニーダーザクセン州の州都)-ハレ (ザーレ)(ザクセン・アンハルト州の最大都市)間を結んでいる北部の路線であろう。この線でハルツ山地地方の多くの主要都市(西からゴスラーバート・ハルツブルクドイツ語版ヴェルニゲローデハルバーシュタットドイツ語版にアクセスできる。ハルツ山地内を南北に結ぶ路線もある。ハルツ狭軌鉄道がそれにあたり、北部のクヴェードリンブルクやヴェルニゲローデと南部のノルトハウゼンとを結んでいる。同鉄道でブロッケン山頂へもアクセスできる。また、ハルツの北部と南部をそれぞれ東西に高速道路が走っている。

主な観光のタイプ編集

主要都市編集

特産品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 他と区別して山地の 「Harz」 に特定する場合のみ。
  2. ^ 説明的表現の一つ。

関連項目編集

外部リンク編集