第8期棋聖戦 (囲碁)

第8期棋聖戦(だい8き きせいせん)

囲碁の第8期棋聖戦は、1983年昭和58年)に開始され、前年の第7期に棋聖位を獲得した趙治勲と、挑戦者林海峰本因坊による挑戦手合七番勝負が1984年1月から行われ、趙治勲が4勝2敗で棋聖位を防衛し2連覇を果たした。

方式編集

  • 参加棋士は、日本棋院関西棋院棋士
  • 仕組み
    • 各段優勝戦:初段から九段までの各段で、それぞれトーナメントで優勝を争う。
    • 全段争覇戦:初段から六段までの各段優勝者と七段戦・八段戦上位2名、九段戦ベスト4で、パラマス式トーナメントを行う。
    • 最高棋士決定戦:名人、本因坊、十段、天元のタイトル保持者と、全段争覇戦の上位者、及び棋聖審議会推薦棋士の計10名によるトーナメントで、前期棋聖への挑戦者を決める。
  • コミは5目半。
  • 持時間は、四段戦までは5時間、五段戦以上は6時間、挑戦手合七番勝負は各9時間。
  • 優勝賞金 2300万円

結果編集

各段優勝戦・全段争覇戦編集

各段戦の初段戦では、関西棋院中部総本部所属の横地進が、決勝で関西棋院の小田浩光を破って優勝。二段戦は82年入段同士の決勝で恩田列彦が村松竜一を破って優勝。三段戦は81年入段の森山直棋、四段戦は80年入段の依田紀基、五段戦は彦坂直人、六段戦は新垣武が優勝。七段戦は清成哲也が優勝、井上国夫が準優勝。八段戦は淡路修三が優勝、中村秀仁が準優勝。九段戦は林海峰が優勝した。各段戦で3人の関西棋院勢が優勝したのは過去最多。は全段争覇戦では、淡路修三が優勝。恩田列彦と彦坂直人が3人抜きを果たすが、彦坂を破った九段戦5位の苑田勇一、及び中村秀仁と清成哲也が最高棋士決定戦に進出した。

初段戦優勝 横地進 恩田 恩田 恩田 彦坂 彦坂 彦坂 苑田 淡路 淡路
二段戦優勝 恩田列彦
三段戦優勝 森山直棋
四段戦優勝 依田紀基
五段戦優勝 彦坂直人
六段戦優勝 新垣武
七段戦準優勝 井上国夫
九段戦5位 苑田勇一
八段戦優勝 淡路修三 淡路
九段戦3位 大竹英雄
七段戦優勝 清成哲也 清成 清成
九段戦3位 本田邦久
八段戦準優勝 中村秀仁 中村
九段戦5位 橋本昌二

最高棋士決定戦編集

林海峰本因坊、加藤正夫十段、片岡聡天元、大竹英雄碁聖と、全段争覇戦ベスト4の淡路修三、清成哲也、苑田勇一、中村秀仁、九段戦準優勝の大平修三と、藤沢秀行の計10名が出場。決勝三番勝負は林が苑田に2-0で勝って、3度目の挑戦者となった。

1回戦 準々決勝 準決勝 決勝
-
 大竹英雄
-
 淡路修三 ×
 大竹英雄 ×
 加藤正夫
 
-
 
 加藤正夫 ×
 林海峰
 
-
 
 清成哲也 ×
 林海峰
 
-
 
 林海峰 2
 苑田勇一 0
 
-
 
 藤沢秀行
 中村秀仁 ×
 
-
 
 藤沢秀行 ×
 苑田勇一
 
-
 
 片岡聡 ×
-  
 苑田勇一
 大平修三 ×     
 苑田勇一     

挑戦手合七番勝負編集

趙治勲に林海峰が挑戦する七番勝負は、1984年1月に開始された。林は棋聖戦では3度目の挑戦で、また趙と林は前年の本因坊戦でも七番勝負を戦い、林が3連敗後の4連勝でタイトル獲得している。第1局は1月12-13日に熊本ニュースカイホテルで行われた。握って白番の林が序盤から優勢に立ったが、中盤に右辺の黒に死があることを両者とも見損じしており、逆に黒が白の大石を仕留めて中押勝ちした。

鳥羽国際ホテルでの第2局は、先番林の実利と白番趙の勢力の対抗になったが、白がうまくまとめて中押勝ち。盛岡市ホテルロイヤル盛岡での第3局は、右下隅の大ナダレ定石で白番林が新手を見せるが、右辺、及び上辺に侵入した白石を圧迫されて非勢となり、最後に半コウ争いでコウ立てを見損じて、黒番趙の中押勝ち。趙が3連勝してカド番に追い込む。

沖縄ハーバービューホテルでの第4局は、左上隅の三間高バサミから白が隅を取り、黒が左辺を取る分かれとなったが、白の趙が左下隅をうまくさばいて優勢。しかし中央の勢力争いで黒が中央を大きな地にして逆転。先番2目半勝ちで林が1勝を返した。旭川市ニュー北海ホテルでの第5局は、先番趙が右辺に大模様を築き、そこに侵入した白の大石の死活が勝敗の分かれ目となり、105手目の失着で白の大石は生きとなり、白番林の中押勝。

第6局は金沢ニューグランドホテルで行われ、先番林の中国流、白番趙は両三々の布石から、黒が実利で先行する展開となったが、白は下辺に打ち込んだ石を巧妙にしのいで中央に展開してリードする。そのまま微細な局面で進んで、終盤にポカがあったものの、白番半目勝ち。趙が棋聖戦2連覇を果たした。棋聖就位式は4月27日に日本橋の三越劇場で行われ、趙は「いい碁を残したい」と挨拶した。

対局者
1
1月12-13日
2
1月25-26日
3
2月1-2日
4
2月15-16日
5
2月22-23日
6
3月7-8日
7
-
趙治勲 △○中押 ○中押 △○中押 × △× ○半目 -
林海峰 × △× × △○2目半 ○中押 △× -

(△は先番)

 
挑戦手合第7局 1-40手
第8期棋聖戦挑戦手合七番勝負第6局 1984年3月7-8日 趙治勲棋聖-林海峰本因坊(先番)

趙3連勝の後の林2連勝で迎えた第6局、右辺中国流への白14のカカリに黒aとケイマに受けるところ、黒14と低く一間に受けたのが工夫で、白30までの形は下辺への打ち込みの弱点をカバーしている。左上黒31のカタツキには、白32、34、36として黒を価値の低い上辺に打たせて白は左辺に展開し、白40が好点となった。この後黒は黒bから左下隅を固め、白はc(46)で左辺を地にした。続いて黒はd(51)から地を稼ぎ、白はここを厚くしてから下辺e(78)に打ち込んでいった。黒は左辺の削減に誤算があり、また白は下辺を巧妙にさばいて、左辺、上辺を固め、盤面勝負の形勢かと思われたが、白166手目のポカで3目損し、趙は「いけねえ。またやった」などとボヤキを発し、自分の頭をゲンコツで殴りつけた。その後も黒は追い上げたが、深夜23時22分に終局、225手まで白の半目勝となった。林は1目計算違いをしており、自分の半目勝ちだと思っていたが、記録係から寄付を受け取って並べ直して結果を確認した。その後の検討は午前3時過ぎまで続き、打ち上げの席でも5時まで感想が続いた[1]

 
挑戦手合第1局 151-177手
第8期棋聖戦挑戦手合七番勝負第1局 1984年1月12-13日 趙治勲棋聖(先番)-林海峰本因坊

布石はは先番趙のタスキ小目で始まり、左下にカタツキしてきた白石を攻める展開としたが、白もコウによる粘りから逆に黒を分断して攻める展開とする。白2(152手目)、黒3の後、白aと打てば黒の大石は一眼しかないが、この死活を両者とも見損じていた。黒は11から切断して黒23まで攻め合いの形に持ち込み、右辺の黒、続いて右上隅の黒を捨てて白を封鎖し、黒b(101手目)で、左下から中央に伸びた大石を捕獲して逆転した。

 
戦手合第5局 61-108手
第8期棋聖戦挑戦手合七番勝負第5局 1984年2月22-23日 趙治勲棋聖(先番)-林海峰本因坊

黒番趙は左上にカカってきた白の根拠を奪いながら、上辺に厚みを蓄えて優勢と見られたが、趙自身は序盤は失敗だったと思っていたという。右下でも白に実利を与えて、黒は厚みと先手を取り、中央黒△(57手目)のカケに回って好調となった。白□(60)の侵入に黒1、3と包囲し、白は7の点の一間飛びぐらいでシノギがあると見られていたが、白6、黒7と進んで、この全体の白の死活が焦点となった。黒45では、48に打てば、47の切りと26の左のツケコシが見合いで白は死んでいた。また白42では45に打てばシノギは楽だった。白48で白は生きとなり、黒aからの攻めにかけるが、白にかわされて、168手まで白中押勝ち。林は3連敗後の2連勝となった。白6の手について趙は「筋金入りの林先生のすごさがよく現れている。形にとらわれがちな私たちの中で、林先生は自分のものを持っている」と述べている[2]

編集

  1. ^ 藤井正義「終局直前ドキュメント」(『棋道』1984年5月号)
  2. ^ 『棋道』1984年5月号 趙治勲「勝てたのが不思議」

参考文献編集

  • 棋道』日本棋院 1984年3-5月号
  • 『1984年版 囲碁年鑑』日本棋院 1984年

外部リンク編集