メインメニューを開く

鳥羽国際ホテル(とばこくさいホテル)は、三重県鳥羽市にあるリゾートホテル鳥羽湾を見下ろすように建つ[1]。開業当初はヤマハの経営するヤマハリゾートの1つであったが、2007年平成19年)に三井不動産へ譲渡された。

鳥羽国際ホテル
TOBA HOTEL INTERNATIONAL

Toba Hotel International 02.jpg

ホテル概要
正式名称 鳥羽国際ホテル
デベロッパー 三井不動産
設計 竹中工務店
運営 鳥羽国際ホテル
所有者 三井不動産
前身 ヤマハリゾート鳥羽国際ホテル
階数 1 - 8階
レストラン数 2軒
部屋数 121室
スイート数 35室
延床面積 18694.21 m²
駐車場 約140台
開業 1964年3月7日
最寄駅 JR近鉄鳥羽駅
最寄IC 伊勢二見鳥羽ライン鳥羽IC
所在地 〒517-0011
三重県鳥羽市鳥羽一丁目23番1号
位置 北緯34度29分30.6秒 東経136度50分30.5秒 / 北緯34.491833度 東経136.841806度 / 34.491833; 136.841806座標: 北緯34度29分30.6秒 東経136度50分30.5秒 / 北緯34.491833度 東経136.841806度 / 34.491833; 136.841806
公式サイト 鳥羽国際ホテル 公式サイト
テンプレートを表示

熟年層を主な顧客としてきたが、2010年(平成22年)のリニューアルを期に30 - 40代の女性カップル向けの魅力づくりが行われた[2]デザインコンセプトは「海とともにある、余分なものが何もない、ここだけにある時間」[2]・「真珠の海に抱かれるリゾート」[3]

目次

概要編集

1964年昭和39年)創業。ホテル名に「国際」の語を入れたのは、東京オリンピック開催を控えていた当時の日本政府が「外国要人が宿泊できるホテルをつくる」ことを掲げ、上質のホテルの建設を奨めていたことによる[4]。開業以来、日本皇族財界の有力者[3]を初めとして、イギリスエリザベス2世トンガタウファアハウ・ツポウ4世など日本国外からの要人が鳥羽を訪れた際に数多く宿泊している(詳細は「鳥羽国際ホテルの歴史」を参照。)。またトーベ・ヤンソンフィンランドの文学者)は、1971年の訪日の際に鳥羽国際ホテルに宿泊し、ホテルのランチョンマットムーミンのイラストを描き残した[5]

2007年(平成19年)度の利用客は約11.5万人であった[6]

2010年(平成22年)のリニューアルにおける建築設計監理施工竹中工務店インテリアデザインはフィールドフォー・デザインオフィス、内装監理・施工はJ.フロント建装が行った[2]

  • 敷地面積:72737.01m2
  • 建築面積:3183.67m2

オーシャンウィング(旧・本館)とハーバーウィング(旧・南館)から成り、洋室を中心にのある部屋も用意している[2]。また、敷地内に旅館・潮路亭を置く。潮路亭には日帰り入浴の可能な温泉大浴場(庭園露天風呂付)が設置されている[7]

鳥羽国際ホテルが三重県庁に提出した「地球温暖化対策計画書」では、2010年度(平成22年度)に2006年度(平成18年度)比で2.8%(82t)の二酸化炭素削減を目標として定めた[6]

沿革編集

1957年(昭和32年)から日本楽器(ヤマハ)は、鳥羽市にホテルを建設する計画を温めていたが、当時はホテルだけでなく、マリーナも設置する予定だった[8]。しかし、漁業権ヨット航路設定で地元とうまく折り合えず、ホテルの建設にとどめ、マリーナ計画は志摩郡浜島町大字迫子(現在の志摩市浜島町迫子合歓の郷に持ち込むこととなった[8]

特徴編集

56m2のスイートルームは、水平線部屋の中に連続するように、33m2の客室は視線の先に海が感じられるように設計されている[2]

レストランは、メインの「シーホース」と和食処「もんど岬」の2ヶ所ある[7]。潮路亭では各部屋で料理が提供される[7]

ホテル内は伊勢型紙の文様を取り入れたインテリアを配し、地元発祥のミキモトの関連会社・御木本製薬(ミキモトコスメティックス、本社は伊勢市)とコラボレートした「真珠スパ」を日本で初めて本格的に導入した[4]。ほかにも、ホテル従業員に地元出身者が多い、レストラン食材に地元産の水産物野菜を使い[4]地産地消を推進する[7]など、地域色の濃い経営を行っている。

三重県庁の公式サイト内での紹介によれば、年間休日数は104日、月間時間外労働時間は平均25時間、有給休暇年間取得日数は平均7.5日とされる[12]産休育休のほか、妊娠中の女性従業員は負担の少ない部署へ異動し、産後は元の部署へ戻れるように配慮している[12]。一方で2015年(平成27年)と2016年(平成28年)に連続して一般社員に月40時間を超える時間外労働をさせていたとして是正勧告を受けており、2018年(平成30年)10月11日には「名ばかり管理職」の社員4人と36協定を結ばずに月80時間以上(最長で100時間超)の時間外労働をさせていたとして、会社と代表取締役が労働基準法違反の疑いで津地方検察庁伊勢支部に書類送検されている[13][14][15][16]

チーズケーキ編集

 
イオンモール明和店頭に並ぶ鳥羽国際ホテルのチーズケーキ

鳥羽国際ホテルの名物チーズケーキであり、ホテル自らが土産として薦めている[7]。創業時にフランス料理デザートとして作られたもので[17]、創業当時の味を守っている。シンプルな「熟成チーズケーキ」のほか、アップルブルーベリー抹茶黒糖味がある[18]

現在は、鳥羽国際ホテルの中だけでなく、三重県内の商店での店頭販売や、日本全国からの取り寄せにも応じている。

とばーがー編集

鳥羽国際ホテルでは、鳥羽市のご当地バーガーである「とばーがー」を2010年(平成22年)10月18日より提供している[10]。鳥羽国際ホテルのとばーがーは「M.O.L.F. Premium-Burger」という名のハンバーガーで2種類あり、伊勢海老アワビ松阪牛をサンドした価格1万円の高級バーガーとなっている[10]

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鳥羽市観光協会"鳥羽国際ホテル (鳥羽市観光協会)"(2011年2月20日閲覧。)
  2. ^ a b c d e 近代建築社(2010):160ページ
  3. ^ a b c 三井不動産株式会社・三井不動産リゾート株式会社・株式会社鳥羽国際ホテル"三井不動産|「鳥羽国際ホテル」リニューアルオープン(2010年4月1日)"平成22年1月20日(2011年2月20日閲覧。)
  4. ^ a b c d 日本経済新聞社デジタル営業局(2010)
  5. ^ ムーミン:ワイングラス傾けて 作者が来日時に落書き 毎日新聞 2014年4月12日
  6. ^ a b c "株式会社 鳥羽国際ホテル 地球温暖化対策計画書 (PDF) "(2011年2月20日閲覧。)
  7. ^ a b c d e 財団法人三重県農林水産支援センター"地産地消ネットワークみえ 鳥羽国際ホテル"(2011年2月20日閲覧。)
  8. ^ a b 淡野(1986):16ページ
  9. ^ 鳥羽市史編さん委員会 編(1991):448ページ
  10. ^ a b c d 三井不動産リゾート"ニュース&トピックス|三井不動産リゾート"2010年10月18日.(2011年2月20日閲覧。)
  11. ^ 伊勢志摩リゾートマネジメント株式会社の情報”. 国税庁法人番号公表サイト. 国税庁. 2018年10月13日閲覧。
  12. ^ a b 伊勢志摩リゾートマネジメント株式会社”. みえの企業まるわかりNAVI. おしごと広場みえ. 2018年10月13日閲覧。
  13. ^ 鳥羽国際ホテル違法残業 容疑で書類送検”. 読売新聞 (2018年10月12日). 2018年10月13日閲覧。
  14. ^ 共同通信社 (2018年10月12日). “名ばかり管理職4人に違法残業”. ロイター. 2018年10月13日閲覧。
  15. ^ 鳥羽国際ホテルを書類送検 違法残業、労基法違反容疑”. 中日新聞 (2018年10月12日). 2018年10月13日閲覧。
  16. ^ 鳥羽国際ホテルで違法残業 伊勢労基署 容疑の運営会社など書類送検”. 伊勢新聞 (2018年10月12日). 2018年10月13日閲覧。
  17. ^ Cheesecake Mania+"チーズケーキデータベース Page15"(2011年2月20日閲覧。)
  18. ^ 株式会社オピック"伊勢志摩インターネット【ショッピング-鳥羽】"伊勢志摩インターネットOPIS.(2011年2月20日閲覧。)

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集