笹塚

東京都渋谷区の町名
日本 > 東京都 > 渋谷区 > 笹塚
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記U+FA10.svgと異なる可能性があります。
笹塚
十号通り商店街(2014年12月14日撮影)
笹塚の位置(東京23区内)
笹塚
笹塚
座標: 北緯35度40分31.12秒 東経139度40分4.85秒 / 北緯35.6753111度 東経139.6680139度 / 35.6753111; 139.6680139
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 渋谷区
地域 幡ヶ谷地域
人口2015年(平成27年)12月1日現在)
 • 計 15,851人
等時帯 JSTUTC+9
郵便番号 151-0073 

笹塚(ささづか)は、東京都渋谷区北西部の地区、武蔵野台地に位置し、中央を国道20号甲州街道)が横断、1913年大正2年)調布~笹塚に京王電気軌道(現・京王線)が開業し住宅地化。汎称地名としての「幡ヶ谷[1]」(幡ヶ谷地域)と言われるが、これは旧幡ヶ谷村の全域に相当し、渋谷区の現行行政地名では本町幡ヶ谷、笹塚が含まれる。1960年昭和35年)の町名地番変更により住居表示は笹塚一丁目から三丁目まである。

目次

地理編集

 
東京都渋谷区笹塚(奥)、幡ヶ谷(手前)

渋谷区の北西部に位置し、幡ヶ谷地域に属する。地域の北部は中野区南台に接する。北西部から西部は、杉並区方南に接する。南西部は、世田谷区大原に接する。南部は、世田谷区北沢に接する。東部は、中野通りに接しこれを境に渋谷区幡ヶ谷に接する。

鉄道は、笹塚一丁目内を東西方向に京王線が走り笹塚駅がある。当駅は準特急停車駅で、特急は止まらないが京王新線乗り替え駅である。幹線道路は、笹塚一丁目と笹塚二丁目の間を国道20号甲州街道)が、笹塚二丁目と笹塚三丁目の間を水道道路が、それぞれ東西方向に横断している。

地形的には武蔵野台地上に位置し概ね平坦である。河川は本町四丁目から幡ヶ谷三丁目、笹塚三丁目にかけて、かつてあった神田川の支流に沿って浅い谷になっていた。笹塚一丁目には嘗て玉川上水の流れが西から東に大原、北沢との境界を蛇行しながら縫うように流れていたが、笹塚駅周辺の一部は開渠のまま残されているが、殆どは暗渠化されて遊歩道として整備され緑道(公園)として整備されている。

大半が住宅街である。昔からのアパートマンションも多く、一人暮らしをしている若年層の住民も多い。甲州街道沿い、笹塚駅周辺は、ビルや商店などが目立つ。かつては、マイクロソフト日本法人本社(現・日本マイクロソフト)、ディー・エヌ・エーも本社を構えたが現在は両社ともに移転している。新興企業の本社や営業所が多く存在する。一例として、フロム・ソフトウェアを挙げることができる。

笹塚駅南口周辺地域の商業化が目覚しく、京王線、京王新線の高架の耐震工事も終了し、高架下が新たな商業施設である京王クラウン街笹塚商店街となっている。駅前の京王重機ビルの再開発事業が進められ、旧ビルが解体され新たに複合施設「メルクマール京王笹塚」地上21階、延床面積38,000㎡の大型ビルが、2015年(平成27年)にオープンした。笹塚一丁目の東西に渡るこの一帯は、2012年(平成24年)に「笹塚駅南口地区地区計画」として都市計画決定され、笹塚ショッピングモール21及び中村屋東京営業所を巻き込んだ総面積約3haにも及ぶ再開発が予定されている。

歴史編集

  • 1573年天正元年)~1582年(天正10年)間に「織田信長が各分国に令して築造したのがその始めである。この時までは里程は名のみで一里の町数は708年和銅元年)~715年和銅10年)間創定の42町を準用して定まらなかったが、信長36萬を表して1里を36町と決め1里毎に道路の両側に小塚を築かせ頂上に榎樹を植栽させた」[2]
  • 1600年慶長5年)9月、「関ヶ原の戦い起こり、暫くして、その起立時期は明確ではないが甲州街道の建設を、徳川家康は全国の金銀山の統轄や、関東における交通網の整備、一里塚の建設等の一切を任せていた家臣大久保長安(後に江戸幕府勘定奉行老中)に命じた。甲州街道徳川幕府関ヶ原の戦いの戦勝記念として起工したものである」[3]
  • 1604年(慶長9年)「甲州街道は竣工、幅員5間半、日本橋を元標として、東海、東山、奥羽諸道へ一斉に一里塚を築造させたが、甲州街道のもその時に出来たもので、調布町の小島分にある周囲約1丈の大榎は現存する一つであり樹齢330余年といわれている。それは、新宿新町間、代田橋南、下仙川内田横町、布田小島分杉山幾太郎前、常久村中程南、本宿内小野宮北寄、萬願寺村市道、日野原豊田、八王子船森十王堂間、散田村、小佛にあった」[4]
  • 1652年承応元年)11月、幕府により江戸の飲料水不足を解消するため多摩川からの上水開削が計画され、1653年承応2年)4月工事に着手し、同年11月に完成、1654年承応3年)6月から江戸市中への通水が開始された。
  • 1662年寛文2年)「中野成願寺過去帳に笹塚太郎兵衛云々とあれば笹塚の名称は延宝(1673年1681年)以前よりありしものなるべし」[5]
 
笹塚庚申堂(笹塚二丁目20番)(2014年12月撮影)
  • 1700年元禄13年)11月8日、「笹塚庚申堂の創立なり、近年参詣者多く繁昌して毎月1日、15日には此附近一帯に賑う」[6]、庚申の信仰は中国の道教思想に基づくもので、江戸時代に盛んになり、村の辻などに庚申供養塔が建てられた。
  • 1732年享保17年)笹塚町「当町地名の義は始め此地に甲州路新宿追分よりの一里塚ありて之を笹塚と称せしに起れり、塚は藪にありて常に笹を生ぜしを以てなり、筧播磨守検地帳に一里塚、村内字笹塚と申所往還左右に御座候とあるもの是なり」[7]
  • 1818年1830年文政元年~同13年)幡ヶ谷村「日本橋を去ること三里。「小田原衆所領役帳」に「幡ヶ谷十貫文」と記してあるのが、初見である。村内に源義家の故事を伝える旗洗池と、旗掛松とがあって地名はそれに由来するといわれる。また「武蔵田園簿」には、畑ヶ谷の文字を使用している。文政の頃には、東は角筈村、南は代々木村、西は荏原郡代田村及び多摩郡和田村、北は同郡雑色村に隣し、東西23町、南北8町余、家数が136軒、用水は玉川上水を引用し、村の東に高礼場があった。地頭神谷縫殿助の知行所の外、全部幕府の領地である。村内の社寺に、氷川社(氷川神社)荘厳寺、不動堂(幡ヶ谷不動)などがある。子名を新町、原、笹塚、本村、山谷という」[8]
  • 1868年明治元年)「近年、甲州街道を境界として南笹塚、北笹塚に別つ、明治初年此の地の戸数27戸なり」[9]
  • 1870年(明治3年)8月、「品川県で改めて距離を測定して一里塚を築いたのでこれを新一里塚といった。塚は高さ1丈位で芝生を植え石標を建てた。新一里塚は元の一里塚とは位置に相違があり、即ち、新宿大木戸、幡ヶ谷笹塚道南、下高井戸榎木、給田中耕地道南、上国領塚善前北側、車返柴田直吉前、府中八幡宿北側、下谷保青柳間、立川、日野東寄荒井村、八王子散田新地、小佛駒木野上長房である」[10]
  • 1889年(明治22年)代々木、幡ヶ谷共独立の一村を成していたが町村制施行と共に両村合併して代々幡村となる。
  • 1898年(明治31年)淀橋浄水場の新設に伴い、和泉給水所から浄水場まで新水路を開削した。 関東大震災の際に盛土が崩壊して決壊したため旧水路を利用した。
  • 1910年(明治43年)4月12日、武蔵電気軌道(1906年(明治39年)8月、日本電気鉄道を改称)が京王電気軌道と改称、鉄道路線は有していなかったが、1912年(大正元年)8月から調布市、多摩村、府中町、西府町に電気供給を行っていた。
  • 1913年大正2年)4月15日、京王電気軌道、笹塚ー調布間(12.2km)電車営業と、新宿駅ー笹塚駅間の及び調布駅ー国分寺駅間の乗合自動車営業(路線バス事業)を開始した。同年10月11日、代々幡ー笹塚間(1.3km)開業。
  • 1915年(大正4年)11月、の笹塚駅開業を契機に急速に市街化が進み、同年、村は町制を施行して大字代々幡町となる。
  • 1920年(大正9年)
    • 3月27日、京王電気軌道、笹塚ー上高井戸(現・芦花公園)間複線化。
    • 8月、土地概評価によれば「字南笹塚(952番地~1121番地)字北笹塚と共に当町の最西端に位地し、中央に京王電車笹塚停留場あり、近時工場及び住宅地として急激に発展し櫻護謨(株)(現在・笹塚ショッピングモール21)、日本高級塗料(株)(現在・中村屋東京事業所)その他の工場及び大塚、雨宮、谷邸その他上中流の住宅少なからず、されど尚其の大半は畑なり」。「字北笹塚(1122番地~1398番地)字南笹塚と相対する甲州街道以北にて上水路以南には大日本鉛筆(株)(現在・サミット笹塚店、タイムズ笹塚)その他の工場、笹塚尋常小学校(現在)、東京女子薬学専門学校(現在・渋谷区立笹塚中学校)、岸本農園等ありて、空地少なきも上水道以北には未だ見る可きものなし」[11]
  • 1932年昭和7年)10月1日、東京市は周辺5郡(荏原、北豊島、豊多摩、南足立、南葛飾)に属する82町村を編入し、大東京市が成立した。この時、千駄ヶ谷町、渋谷町、代々幡町の区域をもって渋谷区が新設された。「代々幡町の東京市渋谷区の編入に際して幡ヶ谷笹塚町となる。当時の戸口は南笹塚戸数1,303、人口5,697、北笹塚戸数1,045、人口4,477、地番は南笹塚952番地より1121番地に至り、北笹塚1122番地より1398番地に至る」[12]
  • 1937年(昭和12年)新水路は甲州街道下に代わりとなる導水管を埋設し廃止された。 跡地のほとんどは水道道路都営住宅に転用されている。
  • 1943年(昭和18年)7月1日、東京府と東京市が廃止されて、新たに東京都が設置された。この時、渋谷区を含む35区は東京都直轄の区となった。
  • 1960年(昭和35年)住居表示の実施によるさらなる名称変更を経て現在の笹塚一丁目~三丁目となった。直前は幡ヶ谷笹塚町、幡ヶ谷原町、幡ヶ谷中町(参考:新修渋谷区史、旧版地図、他)。
  • 1978年(昭和53年)10月31日、京王線、新宿(新線新宿)ー笹塚間、複々線化(京王新線開通)。
  • 1980年(昭和55年)3月16日、都営地下鉄新宿線開通、相互直通運転開始。

明治・大正・昭和、笹塚の地形図(縮尺1/10,000)[13]

  • 1909年明治42年)3月測図、明治43年3月印刷、明治42年3月30日発行。
  • 1925年大正14年)部分修正側図、大正15年6月印刷、大正15年6月30日発行。
  • 1937年昭和12年)第4回修正測図(空中写真測量併用)、昭和14年5月印刷、昭和14年5月30日発行。
 
明治42年の地形図(2014年12月撮影)
 
大正14年の地形図(2014年12月撮影)
 
昭和12年の地形図(2014年12月撮影)

1920年(大正9年)調査、幡ヶ谷笹塚町地籍図(縮尺1/1,500)[14]

 
二丁目、三丁目東部(2014年12月撮影)
 
一丁目東部(2014年12月撮影)
 
二丁目、三丁目西部(2014年12月撮影)
 
一丁目西部(2014年12月撮影)

神田川笹塚支流

 
神田川笹塚支流、玉川上水から新宿角筈までの経路(2014年12月撮影)[15]
玉川上水(現在の京王線笹塚駅南西周辺)から旧幡ヶ谷村で取水し、付近(現在の笹塚三丁目内)の湧水と合わせて北東に向かい、角筈村で神田川に注いでいた。主に農業用水として使用され、一部の用水は、現在の甲州街道(現在の国道20号)に沿って西に向かって流れたので逆さ川とも呼ばれた。現在は暗渠化されて新宿区立はごろも児童遊園、神田川支流遊歩道や道路等になっている[16]

1933年(昭和8年)頃の交通・郵便局・公衆電話・学校[17]

  • 交通
徳川一統の世に及びて江戸中心の関係上奥州路通行微となり、次で廃跡し甲州路開通す、近年至り交通機関頻に開け大道小路各所に通し明治43年9月京王電車の創設あり、昭和2年4月小田原急行電車の開通あり、尚乗合自動車は甲州街道、東横乗合自動車等ありて交通益々発達の機運に向へり。通信は郵便局7ヶ所、公衆電話10ヶ所ありて其所在地左の如し。
  • 郵便局
代々幡、笹塚、幡ヶ谷本町一、幡ヶ谷本町二、代々木新町、代々木上原、富ヶ谷。
  • 公衆電話
代々木山谷町、代々木新町、笹塚停留所、幡ヶ谷停留所、代々幡停留所、神宮裏、三郡橋、富ヶ谷町、改正橋、代々幡上原駅。
  • 学校
小学校
幡代尋常高等小学校、西原尋常高等学校、笹塚尋常小学校、山谷尋常小学校、本町尋常小学校、上原尋常小学校、中町尋常小学校、富ヶ谷尋常小学校。
幼稚園
代々幡幼稚園、第二早蕨幼稚園、笹塚幼稚園、岸辺幼稚園、代々木幼稚園、若葉幼稚園、西原幼稚園。
各種学校
明治女子薬学校、東京写真専門学校、文化裁縫女学校、中央女学校、昭和女子薬学校、名教中学校、体育研究所、東京育英実業学校、帝京商業学校。

まちづくり編集

  • 笹塚一・二・三丁目地区まちづくり指針
2011年(平成23年)7月、渋谷区都市整備部まちづくり課から、笹塚地区のまちづくり指針が発表された。問い合わせは、〒151-8010、東京都渋谷区宇田川町1-1、電話03-3463-2947[18]
1 - まちづくり指針の位置付け
2 - 現状と課題
3 - まちづくりの目標・方針
4 - まちづくりの実現化に向けて

文化財編集

国指定史跡

  • 玉川上水
2003年(平成15年)に開削350周年を迎え、同年の8月27日に国指定文化財である史跡名勝記念物に指定された。指定基準は、交通・通信施設、治山治水施設、生産施設その他経済、生産活動に関する遺跡。所在地は、羽村市福生市昭島市立川市小平市小金井市西東京市武蔵野市三鷹市杉並区世田谷区渋谷区
玉川上水は、江戸時代前期の1653年承応2年)に江戸市中への給水を目的として、武蔵野多摩郡羽村(現・東京都羽村市)の多摩川の上流に取水口を設け、江戸の東の入口に当る四谷大木戸(現・東京都新宿区)に至る全長約43km間を自然硫下により導水する施設として開削された素堀の開渠水路。1653年承応2年)2月、時の総奉行の老中松平伊豆守信綱(のぶつな)が、伊那半十郎忠治(ただはる)を水道奉行とし、玉川庄右衛門・清右衛門兄弟の手に依って開削工事が行われ、同年6月に江戸市中まで完成した。江戸市中に届いた上水は、石樋木樋等の暗渠水路で江戸城武家屋敷・庶民の居住地等に配水され、飲料水、防火用水、泉水用水、堀用水等多目的な機能有する都市給水施設として人々の生活を潤おした。また、羽村から四谷大木戸に至るまでの武蔵野台地新田開発灌漑及び生活用水としても機能しており、江戸時代中期の寛政年間までに33箇所の分水施設が設置された。
現在の玉川上水は、杉並区の浅間橋以東の下流部分の多くは暗渠となり公園等として利用させている。小平監視所から浅間橋までの中流部は素掘り水路の残す部分が多い。上流部は現役の水道導水路として利用されている。玉川上水は、長大な土木構造物であり、水利技術を理解する上で重要であり、江戸の用水給水施設として、武蔵野台地の灌漑用水として貴重な土木遺産である。羽村取水口から四谷大木戸までの水路敷きのうち、開渠部分の約30.4kmが史跡に指定され保護が図られている[19]
 
上流となる西側の環七方面を見ています(2014年12月撮影)
 
上流から笹塚駅方向の下流を見ています(2014年12月撮影)
 
同じく上流から、笹塚駅の高架が見えます(2014年12月撮影)
 
笹塚駅脇「南ドンドン橋」直角に曲がっている(2014年12月撮影)
ファイル:笹塚-40.JPG
玉川上水に架かる第三号橋脇に立つ説明書き(2014年12月撮影)
 
玉川上水第三号橋上から下流の南側を見る(2014年12月撮影)

渋谷区指定名所・旧跡

  • 笹塚跡 - 笹塚二丁目12番
笹塚二丁目のこの付近の甲州街道の両側に直径1m程の笹が茂った塚があり、地名の由来となった[20]
  • 玉川上水旧水路跡 - 笹塚一丁目
玉川上水は、1654年承応3年)に造られ、殆どが暗渠になったが、この付近では開渠部分が残っている[21]

施設編集

官公施設

教育施設

 
衆議院委員選挙、渋谷区第28投票区投票所の渋谷区立笹塚中学校(2014年12月14日撮影)

商業施設

日用品購入の便は良好といえる。商圏は、中野区南台杉並区方南町世田谷区大原の一部、世田谷区北沢の北端部にも及んでいる。

笹塚一丁目

1~3階は商業施設「フレンテ笹塚」で店舗約40店が営業、4階は京王重機整備本社・地域貢献施設・渋谷区の施設(渋谷区立笹塚図書館が移転)、5~8階はオフィスフロア(日本電波工業本社)、10~21階は賃貸住宅236戸(1K~3LDK)。

笹塚二丁目

 
熊本地震復興支援もちつき即売会での宇良関 笹塚十号通り商店街(2017年2月6日撮影)
  • 笹塚十号通り商店街
  • サミット笹塚店(二丁目12番11号)

笹塚三丁目

  • 笹塚十号坂商店街

金融施設

郵便施設

  • 笹塚駅前郵便局(一丁目48番14号)
  • 渋谷笹塚郵便局(二丁目21番1号)

企業

高齢者・福祉施設

  • 地域活動支援センター・ふれあい(三丁目43番1号)
  • 笹塚敬老館(一丁目28番12号)
  • 特別養護老人ホーム・つるとかめ、デイサービス、ショートスティ(二丁目31番8号)
  • グループホーム笹塚、グループホーム、デイサービス(二丁目33番9号)

公園

  • 笹塚一丁目児童遊園地(一丁目27番3号)
  • 十三号通り公園(二丁目32番8号)
  • 笹塚東公園(二丁目46番4号)
  • 九号通り公園(二丁目49号3号)
  • 笹塚児童遊園地(三丁目2番9号)
  • 笹塚公園(三丁目36番3号)
  • 笹塚北児童遊園地(三丁目46番13号)

その他

  • 玉川上水緑道
  • 玉川上水第二緑道

交通編集

幹線道路

国道20号甲州街道) - 京王線に近接している、国道20号の起点は東京都中央区日本橋、終点は長野県塩尻市高出交差点へ至る一般国道で陸上区間225.0kmで、ほぼ全線を中央自動車道と並走している。主な経由地は東京都新宿区八王子市神奈川県相模原市山梨県大月市甲府市韮崎市長野県諏訪市
東京都道420号鮫洲大山線(中野通り) - 笹塚地区の東端を走っており、幡ヶ谷地区との境を南北に通っている。この道路は南は東京都品川区八潮交差点から北は東京都板橋区仲宿交差点を結ぶ特例都道で、東京都道317号環状六号線(山手通り)と東京都道318号環状七号線(環七通り)の間にある。
東京都道431号角筈和泉町線水道道路) - 甲州街道とほぼ平行に東西にあり、笹塚二丁目と三丁目の間にある。西は東京都杉並区和泉給水場から東は東京都新宿区角筈(現在の西新宿)を結んでいる特例都道である。
特別区道第849号路線 - 幅員約11m(敷地の東側前面道路)
特別区道第850号路線 - 幅員約8m(現状6m未満から拡幅、敷地の南側前面道路)

鉄道

新宿駅-3.60km5分-笹塚駅-1.60km3分-明大前駅、笹塚駅-11.90km快速18分-調布駅、笹塚駅-18.30km快速26分-府中駅、笹塚駅-34.30km明大前駅で特急乗換42分-京王八王子駅、笹塚駅-34.50km明大前駅で特急乗換44分-橋本駅
新宿駅-3.60km各駅停車6分-笹塚駅
笹塚駅から京王新線乗り入れ、新宿駅-13分-市ケ谷駅、新宿駅-各駅停車22分-馬喰横山駅、新宿駅-各駅停車48分-本八幡駅

路線バス

渋66系統 - 渋谷駅前-6.10km27分-笹塚駅前-6.30km27分-阿佐ケ谷駅前(京王バス東と共同運営)
渋69系統 - 渋谷駅-5.20km24分-笹塚駅
渋66系統 - 渋谷駅-6.10km27分-笹塚駅-6.30km27分-阿佐ケ谷駅(都営バスと共同運営)
渋63系統 - 渋谷駅-6.50km29分-笹塚中学-2.90km18分-中野駅
宿45系統 - 新宿駅西口-3.40km16分-笹塚中学-2.90km18分-中野駅南口
春の小川ルート[ハチ公バス] - 渋谷区役所-笹塚駅
宿44系統 - 新宿駅西口-3.60km15分-笹塚駅-14.96km52分-武蔵境駅南口
(系統なし) - 新宿駅西口-3.60km15分-笹塚駅-17.82km62分-よみうりランド(「3月16日~6月15日」及び「9月16日~11月15日」の「日曜・祝日のみ」運行)

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 郵便番号簿や新聞等の印刷物では、便宜上「幡ヶ谷」とされる場合がある。
  2. ^ 著者・多摩郷土史研究会石井正義『甲州街道の今昔』発行所・多摩郷土史研究会、発行・1932年(昭和7年)5月20日
  3. ^ 著者・多摩郷土史研究会石井正義『甲州街道の今昔』発行所・多摩郷土史研究会、発行・1932年5月20日
  4. ^ 著者・多摩郷土史研究会石井正義『甲州街道の今昔』発行所・多摩郷土史研究会、発行・1932年(昭和7年)5月20日
  5. ^ 著作兼発行者・石川源助『東京代々木・幡ヶ谷沿革名跡史』発行所・諸氏家系図調査書、発行・昭和8年6月5日。
  6. ^ 著作兼発行者・石川源助『東京代々木・幡ヶ谷沿革名跡史』発行所・諸氏家系図調査書、発行・1933年(昭和8年)6月5日。
  7. ^ 著作兼発行者・石川源助『東京代々木・幡ヶ谷沿革名跡史』発行所・諸氏家系図調査書、発行・1933年(昭和8年)6月5日。
  8. ^ 著者兼編集者『渋谷区史』出版者・渋谷区、発行・1952年(昭和27年)。
  9. ^ 著作兼発行者・石川源助『東京代々木・幡ヶ谷沿革名跡史』発行所・諸氏家系図調査書、発行・1933年(昭和8年)6月5日。
  10. ^ 著者・多摩郷土史研究会石井正義『甲州街道の今昔』発行所・多摩郷土史研究会、発行・1932年(昭和7年)5月20日。[1]
  11. ^ 著者兼発行者・中所眞『豊多摩郡代々幡町土地概評価』1920年9年調査、発行所・東京興信所、発行・1922年大正11年)3月13日。
  12. ^ 著作兼発行者・石川源助『東京代々木・幡ヶ谷沿革名跡史』発行所・諸氏家系図調査書、発行・1933年(昭和8年)6月5日。
  13. ^ 発行者・日本帝国陸地測量部『東京1万分1地形図集成・中野』発行所・柏書房。
  14. ^ 編集兼発行者・船橋治『復刻版、東京地籍図渋谷区編・第1巻』発行所・不二出版、発行・2012年(平成24年)11月22日。
  15. ^ 著者・菅原健二『川の地図辞典』発行所・之潮、発行・2008年3月10日。
  16. ^ 著者・菅原健二『川の地図辞典』発行所・之潮、発行・2008年(平成20年)3月10日。
  17. ^ 著作兼発行者・石川源助『東京代々木・幡ヶ谷沿革名跡史』発行所・諸氏家系図調査書、発行・1933年(昭和8年)6月5日。
  18. ^ 「笹塚一・二・三丁目地区まちづくり指針」渋谷区都市整備部まちづくり課、2011年(平成23年)7月。[2]
  19. ^ 文化庁『国指定文化財等』データベース。[3]
  20. ^ 教育委員会『渋谷区役所ホームページ、名所・旧跡』。[4]
  21. ^ 教育委員会『渋谷区役所ホームページ、名所・旧跡』。[5]
  22. ^ 笹塚ショッピングモール21世紀商店街。[6]

外部リンク編集