メインメニューを開く

筑前共愛公衆会(ちくぜんきょうあいこうしゅうかい)は、1879年明治12年)12月に設立された府県会制の成立を目的とした、福岡県を地盤とした地方自治組織。福岡県を1区15郡933町に分け、その代表会組織として存立した。単純に「共愛会」とも「共愛公会」とも称される。思想的な指導機関として向陽社(後の玄洋社)が背後にある。全国に先がけて、『国会開設及び条約改正之建言』の建議を元老院に提出した。会長は小野隆助(玄洋社員、衆議院議員、香川県知事)。副会長は箱田六輔(玄洋社員)。両者とも後の玄洋社の社員となる。

参考文献編集