メインメニューを開く

箭田珠勝大兄皇子(やた の たまかつ の おおえ の みこ、生年不詳 - 552年)は、飛鳥時代皇族。『古事記』では八田王欽明天皇の第一皇子で、母は宣化天皇の皇女・石姫皇女敏達天皇の同母兄。

目次

生涯編集

大兄」の称号を有するところから、欽明天皇の皇嗣であったと思われる。しかし、政治的事績は何も伝わっておらず、『日本書紀』巻十九、欽明天皇13年4月(552年)に

箭田珠勝皇子薨(みう)せぬ[1]

とあるだけで、死因などは不明である。欽明天皇は任那復興のために朝鮮半島に軍を派遣しており、その甲斐もなく、欽明天皇23年(562年)には任那の日本府が新羅によって滅亡させられている[2]。そのことと何か関係があるのだろうとも想像される。

皇子の薨去した年に百済聖明王が釈迦仏の金銅像一体と、幡蓋若干、経論若干巻を献上したと『書紀』にはあり、蘇我稲目が向原の家を浄めはらって寺として仏像を崇めたところ、(『元興寺縁起』によると1年後に)「疫病」が大流行し、夭折するものが数多く出て、治療することが叶わなかったために、物部尾輿中臣鎌子が天皇の承諾を得て、向原寺に放火して伽藍を灰燼と化し、仏像を難波の堀江に流して廃棄している[3]

皇子が八田皇女の矢田部を継承していたとする説もある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』欽明天皇13年4月条
  2. ^ 『日本書紀』欽明天皇23年正月条
  3. ^ 『日本書紀』欽明天皇13年10月条

参考文献編集

関連項目編集