メインメニューを開く

篠原 総一(しのはら そういち、1945年 - )は、日本経済学者で、専門は国際経済学、マクロ経済学。京都先端科学大学学長。同志社大学経済学部名誉教授。中国人民大学経済学院客座教授。日本経済教育センター理事長。

人物・経歴編集

岡山県出身[1]大阪府立北野高等学校を経て、1969年東京大学経済学部卒業。シカゴ大学留学を経て、1976年ウォータールー大学大学院PhD. 中国人民大学・西北大学名誉博士。

1973年ウォータルー大学講師。同大助教授を経て、1978年より同志社大学経済学部講師、1980年同大助教授、1984年より同大教授。2015年より京都学園大学学長、同志社大学名誉教授。

マンデル・フレミングモデルで有名なノーベル経済学賞受賞者ロバート・マンデルの直弟子。

主な著作編集

単著編集

  • 『わかる!ミクロ経済学――レクチャーとエクササイズ』(有斐閣, 2002年)

共著編集

共編著編集

  • (原信)『アメリカの高金利政策』(有斐閣, 1984年)
  • 奥野正寛金本良嗣)『交通政策の経済学』(日本経済新聞社, 1989年)
  • (浅子和美)『入門・日本経済』(有斐閣, 1997年/新版, 2000年/第3版, 2006年)
  • (西村理・平山健二郎)『インタラクティブ・エコノミクス――さあ、始めよう経済学』(有斐閣, 2003年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.262

外部リンク編集