篠崎 史子(しのざき あやこ、1946年8月7日 - )は、日本のハープ奏者[1]篠崎弘嗣の次女、篠崎功子の妹。東京都出身。桐朋学園大学卒業。イスラエル国際ハープ・コンクール第3位(1970年)。現在は東京音楽大学・桐朋学園大学音楽学部で後進の指導もしている。

受賞歴編集

  • 中島健蔵音楽賞優秀賞(1983年)
  • 文化庁芸術祭優秀賞(2001年)
  • サントリー音楽賞佐治敬三賞(2001年)
  • 朝日現代音楽賞(2007年)
  • 芸術選奨文部科学大臣賞「篠﨑史子 ハープの個展 XII」(2012年)
  • 紫綬褒章(2013年)[2]

編集

  • Song of the Seashore
  • リンの詩
  • ヘテロダイン
  • STANZA II
  • Red Dragonfly
  • Bryce
  • Liebestraume, Notturno for Piano in A-flat major, no. 3 S, 541/3

脚注編集

  1. ^ 篠崎史子』 - コトバンク
  2. ^ 篠﨑史子 | TOKYO CONCERTS” (jp). 2021年2月22日閲覧。

外部リンク編集