桐朋女子中学校・高等学校

桐朋女子中学校・高等学校(とうほうじょしちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都調布市若葉町一丁目に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校高等学校。高等学校において、中学校もしくは小学校から入学、または幼稚園から入園した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、高等学校第1学年から混合してクラスを編成する併設混合型中高一貫校[1]。中学校と高等学校普通科女子校で、高等学校音楽科は名称に女子とあるが共学校である。

桐朋女子中学校・高等学校
Toho Girls' highschool.jpg
過去の名称 山水高等女学校
桐朋高等女学校・桐朋第二中学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人桐朋学園
設立年月日 1941年
創立記念日 10月30日
(校舎落成式の日)
創立者 山下亀三郎
共学・別学 女子校
音楽科は男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
音楽科
学期 二期制
高校コード 13559D
所在地 182-8510
東京都調布市若葉町一丁目41番地1

北緯35度39分34.4秒 東経139度35分3.2秒 / 北緯35.659556度 東経139.584222度 / 35.659556; 139.584222座標: 北緯35度39分34.4秒 東経139度35分3.2秒 / 北緯35.659556度 東経139.584222度 / 35.659556; 139.584222
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

沿革編集

  • 1940年 - 山下汽船株式会社社長山下亀三郎からの献金を元に、山下育英会を組織。
  • 1941年 - 山水高等女学校、山水中学校開校。「山」は陸、「水」は海を意味しており、当時は転勤の多い陸海軍の子弟を教育するための学校だった。
  • 1947年 - 敗戦後、軍国主義の学校と見なされて解体の危機に瀕していた時、東京文理科大学東京高等師範学校(後の東京教育大学、現在の筑波大学)が引き取って、山水育英会を財団法人桐朋学園に改編。同大学の務台理作学長が桐朋学園初代の理事長と校長を兼任。これ以来、同大学とは深い関係を持つ。山水高等女学校を桐朋高等女学校と改称。桐朋第二中学校を併設。
  • 1948年 - 桐朋第二中学校を桐朋女子中学校と改称。桐朋女子高等学校設置。
  • 1952年 - 高等学校に音楽科(男女共学)を設置。

教育目標編集

  • 「こころの健康、からだの健康」(生江義男
  • 生徒の「個性を伸ばす」ことを大切に

交通編集

 
 

歴代理事長、校長編集

  • 相良達夫 [1940-1943]
  • 小住徳三郎 [1943-1945]
  • 船引真造 [1945-1947]
  • 務台理作(東京文理科大学長)[1947-1948]
  • 木代修一(東京教育大教授)[1948-1960]
  • 生江義男(東京高等師範学校卒)[1960-1986]
  • 千葉焈(ひろし)[1986-1992]
  • 浅井克夫(1992-2001)
  • 佐藤晃一 (2001-2007)
  • 村上豊 (2007-2010)
  • 河原勇人(2010-2016)
  • 千葉裕子 (2016-2019)
  • 今野淳一 (2019- )

歴代理事編集

  • 丸山隆(東京教育大卒)

著名な出身者編集

普通科(女子校)
音楽科(男女共学)

系列学校編集

その他編集

脚注および参照編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 桐朋女子高校普通科の学校情報 - 高校受験パスナビ旺文社)の「ワンポイント情報」の冒頭には「●内部進学生とは1年次から混合クラス。」と掲載されている。

関連項目編集

外部リンク編集