メインメニューを開く

篠崎 輝夫(しのざき てるお、1929年 -2005年10月29日)は、日本の洋画家千葉県生まれ、光風会常務理事、日展評議員などを歴任する。

概要編集

  • 1929年(昭和4年) 現在の千葉県成田市に生まれる。
  • 1951年(昭和26年) 光風会展初入選。
  • 1952年(昭和27年) 千葉大学教育学部美術科を卒業、成田町立成田中学校(現・成田市立成田中学校)の美術教諭となる。
  • 1955年(昭和30年) 笹岡了一に師事する。
  • 1959年(昭和34年) 日展に初入選。 
  • 1960年(昭和35年) 成田市立成田中学校を退職。
  • 1962年(昭和37年) 光風会会員に推挙。
  • 1964年(昭和39年) 第7回新日展に出品した「絵馬」で特選を受賞。
  • 1979年(昭和54年) 「絵馬による」が光風会第65回特別賞を受賞。
  • 1980年(昭和55年) 日展会員に推挙。
  • 2005年(平成17年) 逝去。

主な作品編集

関連項目編集