メインメニューを開く

篠遠喜人

Japanese geneticist and historian of science

来歴編集

長野県下諏訪町出身。旧制長野県立諏訪中学(のち長野県諏訪清陵高等学校)、第八高等学校東京帝国大学理学部卒業。

1913年東京帝国大学助手となる。1923年頃、徳川生物学研究所に研究員として在籍[1]。「Chromosome studies in some dioecious plants : with special reference to allosomes(雌雄異株植物の染色體に関する研究 : 殊にアロゾームに就て)」により1929年理学博士(東京帝国大学)。

1938年東京帝国大学助教授、1943年教授を歴任し、1949年から2年間国立遺伝学研究所研究員を併任。1954年に環境条件によって遺伝的性質の方向付けが可能であるというトロフィム・ルイセンコの学説(ルイセンコ論争)をナスで実証し、遺伝因子によって生物の形態の相違は決定づけられるとしたメンデル学説からも説明した。1953年国際基督教大学教授就任、1971年から学長。1976年に退官、名誉教授。無教会派クリスチャン[2]

日本メンデル協会初代会長、財団法人染色体研究所理事長、国際細胞学会会長などを勤めた。1966年紫綬褒章受章。1971年叙勲三等旭日中綬章。1989年叙従四位

息子に考古学者篠遠喜彦がいる。

著書・論文編集

著書編集

  • 日本細胞学史 植物学の部 内田老鶴圃、1932
  • メンデルとその前後』(内田老鶴圃)1935 
  • 『一五人の生物学者』河出書房、1941
  • 『遺傳学史講』(力書房 1945)
  • 植物 力書房、1948 
  • ゆりの一生 私版 鶴文庫 1949.5
  • メンデル 弘文堂 1950
  • 日本の科学者 筑摩書房 1951
  • 植物細胞学実験法 生物学実験法講座 第1巻 D 中山書店 1955
  • ぼくの朝顔づくり 岩崎書店、1956
  • 『遺伝の科学 子はなぜ親ににるか』(理科教育文庫、内田老鶴圃)1956 
  • 植物の世界 あかね書房、1959
  • 親に似る子・似ない子 遺伝の話 実業之日本社 1973
  • 『サクラ並木の道をとおって ICUのフロンティアは世界である』(採集と飼育の会・内田老鶴圃新社、1981)
  • 『進化学の古典を追って』(採集と飼育の会)

共著編集

編著編集

  • 結婚の科学 これからの結婚のために北隆館 1949
  • 遺伝 毎日新聞社 1957

訳書編集

  • ダーウィン全集)『家畜栽培植物の変異』永野為武共訳、白揚社、1938-39)
  • 細胞 ウイルソン 内田老鶴圃、1939
  • 植物の雑種に関する実験 人為受精によって得たミヤマコーゾリナ属の二三の雑種について グレゴア・メンデル 大日本出版 1943
  • メンデル法則再発見論文集 長島礼共訳 力書房 1948
  • (クレイグ)『科学の教室』(久保亮五共訳、時事通信社、1949)
  • (レナード編)『遺伝の実習』(北隆館)1951  
  • (V・オレル)『メンデルの発見の秘録 メンデルの生誕150年記念祭にささげる』(教育出版、1973)
  • 新約聖書私訳』(国際基督教大学宗務部内刊行会、1989)

脚注編集

  1. ^ 徳研「徳川生物学研究所沿革」『徳川生物学研究所輯報』邦文部第1集、徳川生物学研究所、1925年、 序文、 NDLJP:984112
  2. ^ 「日本人名大辞典」講談社 2001

参考文献編集

  • 鈴木, 善次「篠遠喜人先生と科学史」『科学史研究』第28巻第172号、1990年2月19日、 211-212頁、 NAID 110009700327( 要購読契約)
  • 「郷土歴史人物事典 長野」第一法規 1978年
先代:
三宅彰
国際基督教大学学長
第6代: 1971年 - 1975年
次代:
中川秀恭