メインメニューを開く

久保 亮五(くぼ りょうご、1920年2月15日 - 1995年3月31日)は、日本物理学者東京大学京都大学慶應義塾大学教授パリ大学シカゴ大学ペンシルベニア大学ニューヨーク州立大学客員教授を務めた。

統計物理学物性物理学の分野で国際的に知られた[1]。 特に線形応答理論の構築に貢献し、彼の提案した理論は「久保理論」の名でも呼ばれている。 1997年に生前の業績を記念して井上科学振興財団久保亮五記念賞を創設した。

概説編集

父は中国文学者の久保天随、兄に物理化学者の久保昌二がいる。1941年に東京帝国大学理学部物理学科卒業。同大学理学部助手、助教授を経て、1954年に教授になる。1953年に「不可逆過程の統計力学」の一般論(線形応答理論)を発表。1973年に文化勲章を受章する。1980年に東京大学を定年退官。1981年に慶応大学教授となり、1992年まで務める。その間、1982年には伏見康治のあとを受けて日本学術会議の会長を務め、また世界平和アピール七人委員会の委員としても活躍した。  

経歴編集

主な業績編集

著書編集

単著編集

  • 『ゴム弾性』
  • 『統計力学』

共著編集

  • 『理化学辞典』(岩波書店
  • 『固体物理の歩み』(岩波書店 1962年
  • 『統計物理学 岩波講座 現代物理学の基礎(第2版)第5巻』(1978年
  • 『科学の事典』(岩波書店 1980年

編著編集

  • 『大学演習 熱学・統計力学』

訳書編集

参考文献編集

外部リンク編集

出典編集